スキーマとは、データの論理構造の集合である。ひとりのユーザにつき、ひとつのスキーマを所有している。ユーザを作成すると、自動的にユーザ名と同じスキーマ名が割り当てられる。

スキーマ・オブジェクト

スキーマに所属するオブジェクトのことを スキーマ・オブジェクト と呼びます。スキーマ・オブジェクトの一覧を次に示します。

SQL文中でこれらのスキーマ・オブジェクトを指定する場合、スキーマ名とオブジェクト名をピリオド(ドット)で繋いで指定します。たとえば、 SCOTT というスキーマの EMPLOYEE という表を指定するときには SCOTT.EMPLOYEE と指定します。ただし、デフォルトのスキーマ(ユーザー名と同じスキーマ)に所属するスキーマ・オブジェクトの場合は、スキーマ名とピリオド(ドット)を省略することができます。たとえば、 SCOTT というユーザーが SCOTT スキーマの EMPLOYEE という表を指定するときには、 EMPLOYEE と指定することができます。

ユーザーの所有するスキーマ・オブジェクトを確認するには、次のSQL文を実行します。

SELECT OBJECT_TYPE, OBJECT_NAME FROM USER_OBJECTS WHERE OBJECT_TYPE = オブジェクトタイプ名 ORDER BY OBJECT_TYPE, OBJECT_NAME

非スキーマ・オブジェクト

非スキーマ・オブジェクトとは、データベース・オブジェクトのうち、スキーマに所属しないものである。非スキーマ・オブジェクトには、所有者という概念が無い。

非スキーマ・オブジェクトの一覧を次に示す。

スポンサーリンク