ビュー とは、ひとつ以上の表またはビューを選択/射影/結合した仮想表である。ビューにデータそのものが格納されているわけではない。ビューの元となる表のことを 実表 という。

目次

ビューの制約

テーブルと同様に、ビューに行を挿入したり、更新したり、削除できる。ビューに対して行われた更新は実表にも反映される。

ただし、テーブル結合、集合演算子、GROUP BY句、グループ関数、DISTINCT句を含んだビューは、挿入、更新、削除ができない。

また、更新可能なビューであっても、列データを直接参照ではなく、編集した場合は、更新できない項目となる。

テーブルと異なり、ビューには独自の主キーやインデックスを作成することができない。

ビューに関するSQL

ビューに関するSQLには、次のものがある。

ビューに関するSQL文
SQL文 説明
CREATE VIEW ビューを作成する。
ALTER VIEW ビューを変更する。
DROP VIEW ビューを削除する。

ビューに関する権限

ビューに関するシステム権限には、次のものがある。

システム権限 説明
CREATE VIEW 自分のスキーマにビューを作成したり削除できる。
CREATE ANY VIEW 任意のスキーマにビューを作成できる。
DROP ANY VIEW 任意のスキーマにあるビューを削除できる。

ビューに関するデータディクショナリ

ビューに関するデータディクショナリには、次のものがある。

ビューに関するデータディクショナリ
データディクショナリビュー 説明
ALL_VIEWS 現在のユーザがアクセスできるビューを示す。
DBA_VIEWS データベース内すべてのビューを示す。
USER_VIEWS 現在のユーザが所有するビューを示す。

ビューに関するSQL*Plusコマンド

ビューに関するSQL*Plusコマンドの一覧を示す。

ビューに関するSQL*Plusコマンド
コマンド 説明
COLUMN 列の表示属性を設定する。
DESCRIBE ビューの定義を表示する。

関連記事

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送