Java SE

Java Platform, Standard Edition (Java SE)とはJavaの標準的な機能セットであり、サーバサイド又はクライアントサイドを問わず、多くのJavaプラットフォームで役立つ機能をまとめたものである。Java仮想マシンとAPI等から構成される。

Java SE API一覧
パッケージ 説明
java.io
java.lang Javaの基本的なクラスを提供するパッケージ
java.math
java.net
java.nio
java.text
java.util
java.xml.namespace

Javaコントロールパネル

Javaコントロールパネルの起動方法

Microsoft Windowsの場合、Javaインストールディレクトリ下の bin/javacpl.exe を起動する。

UNIXの場合、JDKインストールディレクトリ下の jre/bin/ControlPanel を起動する。

Javaコンソールを表示する

  1. Javaコントロールパネルを起動する。
  2. [詳細] タブをクリックする。
  3. [Javaコンソール] - [コンソールを表示する] を選択する。

    Javaコントロールパネル

  4. [了解] ボタンをクリックする。
  5. Webブラウザを起動してJavaアプレットを実行すると、Javaコンソールが表示される。

    Javaコンソール

Apache POI

Apache POI とは、ExcelやWordなどのMicrosoft Office形式のファイルを読み書きするJavaライブラリである。

org.apache.poi.hssf.usermodel.HSSFWorkbook

HSSFWorkbookは、HSSF (Horrible SpreadSheet Format)つまりMicrosoft Excel(xls)形式のファイルを扱う。

HSSFWorkbookのメソッド

メソッド 説明
write ワークブックを出力ストリームに書き出す。

Apache ZooKeeper

Apache ZooKeeperは分散環境で使用するコーディネーションサービスである。Apacheソフトウェア財団のオープンソースソフトウェアで、Apache Hadoopのサブプロジェクトのひとつである。

設定ファイル

ZooKeeperの設定ファイルはconf/zoo.cfgに作成する。別のパスに作成してもよいが、その場合は、サーバ起動時に引数で設定ファイルのパスを指定する必要がある。

サーバの起動(Linux)

$ bin/zkServer.sh start

サーバの起動(Windows)

C:\zk> bin/zkServer.cmd start

JAAS (Java Authentication and Authorization Service)

JAAS (Java Authentication and Authorization Service)は、ユーザ認証や権限の制御を行うための標準APIである。

フレームワーク

フレームワーク 説明
Apache Axis2 Webフレームワーク
Apache CXF Webサービスフレームワーク
Apache MINA ネットワークアプリケーションフレームワーク
Apache Struts Webアプリケーションフレームワーク
Guice DI (Dependency Injection)フレームワーク
jBatch バッチ処理用のJavaフレームワーク
Jersey JavaでRESTfulなWebサービスを開発するためのフレームワーク
JMockit 単体テスト(ユニットテスト)モックのフレームワーク
JSF (JavaServer Faces) Webアプリケーション構築のためのUI(User Interface)フレームワーク
JUnit ユニットテスト(単体テスト)の自動化を行うためのフレームワーク
Seasar Webアプリケーションフレームワーク
Spring アプリケーションフレームワーク
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク