ALTER USERはユーザを変更するSQL文です。この記事では、Oracleデータベースでユーザを変更する方法を紹介します。

目次

ALTER USERの構文

ALTER USER name [IDENTIFIED BY password] [DEFAULT TABLESPACE dts] [TEMPORARY TABLESPACE tts] [QUOTA limit ON lts]
name
変更するユーザの名前を指定する。
password
パスワードを指定する。
dts

デフォルト表領域名を指定する。

tts

テンポラリ表領域名を指定する。

QUOTA

クォータを設定する。クォータを設定すると、ユーザが使用できる表領域の上限値を指定することができる。

limit

上限値を数値又は UNLIMITED で指定する。 数値で指定する場合は、K(キロ)、M(メガ)、G(ギガ)、T(テラ)、P(ペタ)又はE(エクサ)などの単位を使用することもできる。 UNLIMITEDを指定した場合は、上限が無制限となる。

lts

クォータを設定する表領域を指定する。

ALTER USERの使用例

ユーザのパスワードを変更する。

ALTER USER marina IDENTIFIED BY horiuchi

「ORA-01950: 表領域'USERS'に対する権限がありません」の対処として、表領域'USERS'に対してクオータを設定する例を示す。

ALTER USER marina QUOTA 10M ON USERS

または

ALTER USER marina QUOTA UNLIMITED ON USERS

関連SQL