シノニム とは、データベース・オブジェクトのエイリアス(別名)です。シノニムを使用することにより、長いオブジェクト名を短い別名で指定したり、スキーマ名でオブジェクト名を修飾しなければならないところをスキーマ名を省くことができるようになります。

目次

シノニムの種類

シノニムは、次に示す2種類に分類される。

シノニムの種類
シノニムの種類 説明
プライベート・シノニム シノニムの所有者のみが使えるスキーマ・オブジェクト
パブリック・シノニム すべてのユーザが使える非スキーマ・オブジェクト

シノニムに関するSQL

シノニムに関するSQL文
SQL文 説明
CREATE SYNONYM シノニムを作成する。
DROP SYNONYM シノニムを削除する。

シノニムに関する権限

シノニムに関するシステム権限には、次のものがある。

シノニムに関する権限
システム権限 説明
CREATE SYNONYM 自分のスキーマにプライベート・シノニムを作成できる。
CREATE ANY SYNONYM 任意のスキーマにプライベート・シノニムを作成できる。
CREATE PUBLIC SYNONYM パブリック・シノニムを作成できる。
DROP ANY SYNONYM 任意のスキーマにあるプライベート・シノニムを削除できる。
DROP PUBLIC SYNONYM パブリック・シノニムを削除できる。

シノニムに関するSQL*Plusコマンド

シノニムに関するSQL*Plusコマンドの一覧を示す。

シノニムに関するSQL*Plusコマンド
コマンド 説明
DESCRIBE シノニムの定義を表示する。
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送