CREATE USERはユーザを作成するSQL文です。この記事では、Oracleデータベースでユーザを作成する方法を紹介しています。

目次

CREATE USERの構文

ユーザを作成する。

CREATE USER name IDENTIFIED BY password
  [DEFAULT TABLESPACE tablespace_name]
  [TEMPORARY TABLESPACE temp_tablespace_name]
  [QUOTA size ON teblespace_name]
  [PROFILE profile_name]
  [ACCOUNT {LOCK|UNLOCK}]
  [PASSWORD EXPIRE]

外部ユーザを作成する。外部ユーザはOSで認証する必要がある。

CREATE USER name IDENTIFIED EXTERNALLY
  [DEFAULT TABLESPACE tablespace_name]
  [TEMPORARY TABLESPACE temp_tablespace_name]
  [QUOTA size ON teblespace_name]
  [PROFILE profile_name]
  [ACCOUNT {LOCK|UNLOCK}]
  [PASSWORD EXPIRE]
name
ユーザ名を指定する。ユーザは非スキーマ・オブジェクトなので、スキーマ名を指定することはできない。
password
ユーザのパスワードを指定する。外部ユーザはOracleデータベースではなくOSで認証するので、パスワードは指定できない。
DEFAULT TABLESPACE tablespace_name
デフォルトの表領域の名前を指定する。ユーザが作成するオブジェクトは、とくに指定がない限りデフォルトの表領域に格納される。DEFAULT TABLESPACE句を省略した場合、ユーザが作成するオブジェクトは、特に指定がない限りデータベースのデフォルトの表領域に格納される。
TEMPORARY TABLESPACE temp_tablespace_name
一時表領域の名前を指定する。
QUOTA size ON teblespace_name
クォータを指定する。
PROFILE profile_name
プロファイル名を指定する。
ACCOUNT LOCK
ユーザを使用不可能にする。
ACCOUNT UNLOCK
ユーザを使用可能にする。
PASSWORD EXPIRE
ユーザが初めてログインした際、パスワードの変更を要求する。

CREATE USERに必要な権限

CREATE USER文を使用するには、CREATE USERシステム権限が必要である。

CREATE USERの使用例

ユーザーを作成する例を次に示します。

CREATE USER maimi IDENTIFIED BY yajima;

関連SQL