Oracleデータベースのディレクトリ・オブジェクトは、ファイルシステム上の別名を示す。管理の汎用性のために、OSのパス名をハード・エンコーディングせずにディレクトリ名を使用できる。

ディレクトリ・オブジェクトはデータベースに格納され、SQLで作成及び操作できるが、スキーマには含まれない非スキーマ・オブジェクトである。

目次

ディレクトリに関するSQL

OracleデータベースにALTER DIRECTORY文は存在しない。ディレクトリ・オブジェクトを変更したいときは、CREATE OR REPLACE DIRECTOY文でディレクトリ・オブジェクトを置き換える。

ディレクトリに関するSQL
SQL 説明
CREATE DIRECTORY ディレクトリ・オブジェクトを作成する。
DROP DIRECTORY ディレクトリ・オブジェクトを削除する。

ディレクトリに関するコマンド

ディレクトリ・オブジェクトに関するコマンドは次のとおり。

コマンド 説明
impdp Oracleデータベースにデータをインポートする。
expdp Oracleデータベースのデータをエクスポートする。

ディレクトリに関するシステム権限

ディレクトリ・オブジェクトに関するシステム権限は次のとおり。

ディレクトリに関するシステム権限
システム権限 説明
CREATE ANY DIRECTORY ディレクトリ・オブジェクトを作成できる。
DROP ANY DIRECTORY ディレクトリ・オブジェクトを削除できる。
このエントリーをはてなブックマークに追加