Oracleデータベースのパッケージとは、関連するプロシージャ、ファンクション、変数、定数、カーソル及び例外をまとめたものであり、データベースに格納される。

パッケージには、Oracleデータベースにあらかじめ用意されているパッケージと、ユーザが独自に作るパッケージがある。

スポンサーリンク

Oracleデータベースにあらかじめ用意されているパッケージ

パッケージ 説明
DBMS_ALERT データベース・イベント(アラート)の非同期通知を提供する。
DBMS_LOCK Oracleロック・マネージメント・サービスへのインタフェースを提供する。
DBMS_OUTPUT PL/SQLブロックやサブプログラムからのメッセージ出力を提供する。
DBMS_PIPE 同じインスタンスにある復讐のセッションの通信を提供する。
DBMS_STATS データベース・オブジェクト用に収集したオプティマイザの統計情報を表示・変更する。
DBMS_XPLAN EXPLAIN PLANで出力した実行計画を読み書きする。
UTL_FILE PL/SQLプログラムでOSのテキストファイルを読み書きする。

パッケージに関するSQL

パッケージに関するSQL文を次に示す。

パッケージに関するSQL
SQL文 説明
CALL パッケージに含まれるプロシージャ又はファンクションを実行する。
CREATE PACKAGE パッケージ仕様部を作成する。
CREATE PACKAGE BODY パッケージ本体を作成する。
ALTER PACKAGE パッケージを明示的に再コンパイルする。
DROP PACKAGE パッケージ仕様部を削除する。
DROP PACKAGE BODY パッケージ本体を削除する。

パッケージに関するSQL*Plusコマンド

パッケージに関するSQL*Plusコマンドを次に示す。

パッケージに関するSQL*Plusコマンド
コマンド 説明
DESCRIBE パッケージに含まれるプロシージャ及びファンクションの定義を表示する。

パッケージに関するシステム権限

パッケージに関するシステム権限を次に示す。

パッケージに関するシステム権限
システム権限 説明
CREATE PRODECURE 自分のスキーマにプロシージャ、ファンクション及びパッケージを作成する。
CREATE ANY PRODECURE 任意のスキーマにプロシージャ、ファンクション及びパッケージを作成する。
ALTER ANY PRODECURE 任意のスキーマのプロシージャ、ファンクション及びパッケージを変更する。
DROP ANY PRODECURE 任意のスキーマのプロシージャ、ファンクション及びパッケージを削除する。

パッケージに関するデータ・ディクショナリ

パッケージに関するデータ・ディクショナリを次に示す。

パッケージに関するデータ・ディクショナリ
データ・ディクショナリ・ビュー 説明
ALL_PROCEDURES 現在のユーザがアクセスできるプロシージャ、ファンクション及びパッケージを示す。
ALL_SOURCE 現在のユーザがアクセスできるストアドオブジェクトのテキストソースを示す。
DBA_PROCEDURES すべてのプロシージャ、ファンクション及びパッケージを示す。
DBA_SOURCE すべてのストアドオブジェクトのテキストソースを示す。
USER_PROCEDURES 現在のユーザが所有するプロシージャ、ファンクション及びパッケージを示す。
USER_SOURCE 現在のユーザが所有するストアドオブジェクトのテキストソースを示す。
スポンサーリンク