概要

ボタンを配置します。

構文

<button [attribute="value" ...]> ボタンに表示する文字列 </button>

開始タグと終了タグの間にはA,FIELDSET,FORM,INPUT,SELECT,TEXTAREA,LABEL,BUTTON以外の要素を含めることができる。

属性

name
名前を指定します。
value
値を指定します。
type
ボタンの種類を指定します。
意味
button 通常のボタン
submit 実行ボタン
reset リセットボタン
disabled
指定できる値は「disabled」だけである。disabled属性を指定したbutton要素は、ユーザからの入力を受付けない。ブラウザによっては、入力を受け付けないことを示すために灰色表示になることがある。また、フォーカスの受け手とならず、タブ移動で飛び越される。disabled属性を指定したbutton要素の値は、サブミット時にフォームデータを送信しない。
tabindex
タブインデックス
accesskey
アクセスキー
onfocus
要素がフォーカスを得たときに実行されるスクリプト
onblur
要素がフォーカスを失ったときに実行されるスクリプト
id
要素を一意に識別する識別子
class
クラス
style
要素に適用するスタイルシート
title
タイトル
lang
言語
dir
方向
onclick
要素をクリックしたときに実行されるスクリプト
ondblclick
要素をダブルクリックしたときに実行されるスクリプト
onmousedown
要素内でマウスのボタンを押下したときに実行されるスクリプト
onmouseup
要素内でマウスのボタンを離したときに実行されるスクリプト
onmouseover
要素外から要素内へマウスカーソルを移動したときに実行されるスクリプト
onmousemove
要素内でマウスカーソルを移動したときに実行されるスクリプト
onmouseout
要素内から要素外へマウスカーソルを移動したときに実行されるスクリプト
onkeypress
キーを押下して離したときに実行されるスクリプト
onkeydown
キーを押下したときに実行されるスクリプト
onkeyup
キーを離したときに実行されるスクリプト

DTD

HTMLの各要素はDTDによって定義されています。 button要素がDTDでどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

HTMLタグ <button> の使用例と表示サンプルを次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

<button title="ポチっとな" type="button">自爆ボタン</button>

<button type="button" disabled="disabled">無効なボタン</button>

スポンサーリンク