概要

<SCRIPT> はスクリプトを実行するHTMLタグです。 スクリプトは開始タグと終了タグの間に記述するか、スクリプトを記述した外部ファイルのURLをsrc属性に指定します。 スクリプトに対応していないブラウザの場合に表示する文字列は <NOSCRIPT> で指定できます。

構文

<script [attribute="value" ...]> script </script>
script

スクリプトを記述する。src属性で外部ファイルのURIを指定した場合には、開始タグと終了タグの間には何も記述しない。

属性

charset
文字セットを指定します。
charset
意味
euc-jp 日本語 EUC
iso-2022-jp JISコード
iso-8859-1 西ヨーロッパ言語 ISOコード
Shift_JIS シフトJISコード
UTF-8 Unicode (UTF-8)
UTF-16 Unicode (UTF-16)
x-euc-jp 日本語EUC(euc-jpが正式採用される前に仮に使用されていた名前)
x-sjis シフトJISコード(Shift_JISが正式採用される前に仮に使用されていた名前)
type
MIME Media Typesを指定する。
type属性
意味
application/ecmascript ECMAScript
application/javascript JavaScript
text/ecmascript ECMAScript
text/javascript JavaScript

text/javascript及びtext/ecmascriptは古い形式である。現在ではapplication/javascript及びapplication/ecmascriptの使用が推奨されているが、古いウェブブラウザ(Internet Explorer 8など)では対応していない。

HTML 4.01及びXHTML 1.0の場合、type属性は必須であり、省略できない。HTML5の場合、type属性は省略可能であり、デフォルト値は"text/javascript"である。

language
定義済みのスクリプト言語名を指定する。 HTML 4.01 Transitional 固有の属性。
language属性
意味
javascript JavaScript
jscript JScript
vbs VBScript
vbscript VBScript
src
スクリプトが外部のファイルに記述されている場合、そのファイルの URI を指定します。

HTMLのバージョンにより、指定できる属性が異なります。HTMLのバージョンごとに指定できる属性の一覧を次の表に示します。

script要素の属性
Attribute HTML 4.01
Transitional
HTML 4.01
Strict
XHTML 1.0
Strict
HTML5
charset Supported Supported Supported Supported
id Not supported Not supported Supported Not supported
language Supported Not supported Not supported Not supported
src Supported Supported Supported Supported
type Required Required Required Supported

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 SCRIPT 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

使用例

HTMLタグ <script> の使用例と表示サンプルを次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

<p>JavaScriptは
<script type="text/javascript">document.write("ON");</script>
<noscript>OFF</noscript>
です。</p>

JavaScriptは です。

スポンサーリンク