<META> はメタデータを記述するHTMLタグです。<HEAD> と </HEAD> の間に記述します。

開始タグの省略 不可
終了タグの省略
内容モデル なし

書式

HTML

<META [attribute=value ...]></META>
<META [attribute=value ...]>

XHTML

<meta [attribute=value ...]></meta>
<meta [attribute=value ...] />

属性

content属性は必須で省略できません。その他の属性は省略可能です。ただし、content属性に記述する内容は、http-equiv属性またはname属性の値によって決まるので、http-equiv属性とname属性のどちらか一方も指定することになります。

lang
言語
dir
方向
name

メタ情報名

name属性
説明
format-detection AndroidやiOSにおいて電話番号、メールアドレスおよび住所をリンクに変換するかどうかを指定する
http-equiv
HTTP応答ヘッダ名
説明
Cache-Control Webブラウザのページキャッシュを制御する。
Expires Webブラウザのページキャッシュの有効期限を指定する。
Pragma Webブラウザのページキャッシュを制御する。
set-cookie Cookieに値を設定する。
content
関連情報を指定する。http-equiv属性やname属性の値により指定する内容は異なる。
http-equiv属性の値が"Content-Type"の場合

MIMEタイプ文字セットを指定する。MIMEタイプと文字セットは "text/html; charset=Shift_JIS" のようにセミコロン記号で区切って指定する。

META要素のcontent属性で文字セットを指定しなくても、ブラウザが文字セットを自動判定する。しかし、間違った判定を行うこともあるので、なるべく指定した方がよい。<title>タグで文書のタイトルに日本語を使う場合、<title>タグが出現するより前の位置で <meta> タグにより文字セットを指定しておく必要がある。

meta要素のhttp-equiv属性とcontent属性の組み合わせ
http-equiv属性の値 content属性の値 説明
Content-Type コンテンツタイプ
Content-Script-Type 文字列 基準となるスクリプトのMIMEタイプを指定する。スクリプトにJavaScriptを使用する場合、text/javascriptと指定する。
Content-Style-Type 文字列 基準となるスタイルシートのMIMEタイプを指定する。スクリプトにCSSを使用する場合、text/cssと指定する。
imagetoolbar true|false|yes|no WebブラウザがInternet Explorerの場合、イメージツールバーを表示するか否かを指定する。
true(規定値)又はyesを指定した場合、イメージツールバーを表示する。
false又はnoを指定した場合、イメージツールバーを表示しない。
refresh seconds [;URL= url ] secondsで指定した秒数が経過した後、urlで指定したページを表示する。
URLを省略した場合、現在のページを更新(再表示)する。
X-UA-Compatible IE= mode [;IE= mode ...] WebブラウザがInternet Explorerの場合、表示するモードを指定する。
modeIE5を指定した場合、Internet Explorer 5互換モードでコンテンツを表示する。
modeIE7を指定した場合、Internet Explorer 7の標準モードでコンテンツを表示する。
modeIE8を指定した場合、Internet Explorer 8の標準モードでコンテンツを表示する。
modeedgeを指定した場合、可能な限り最新の標準モードでコンテンツを表示する。
meta要素のname属性とcontent属性の組み合わせ
name属性の値 content属性の値 説明
author 任意の文字列 著者の名前を記述する。
description 任意の文字列 文書(ページ)の概要を記述する。
keywords keyword [, keyword ...] キーワード(この文書に関連する単語)を記述する。
robots attribute [, attribute ...] 検索エンジンのロボットに対する指示を指定する。
indexを指定した場合、検索を許可する。
noindexを指定した場合、検索を禁止する。
followを指定した場合、リンク先を辿ることを許可する。
nofollowを指定した場合、リンク先を辿ることを禁止する。
検索ロボットに対する指示は紳士協定である。つまり、検索ロボットが指示通りに振舞うかどうかの保証は無い。
viewport attribute = value [, attribute = value ...] Apple iPhone用Safariの表示属性と値を指定する。
表示オプションはカンマで区切って複数の値を指定することもできる。
他のスマートフォン用ブラウザでもサポートされている場合がある。
width= n 表示領域の横幅。デフォルト値は980px。device-widthを指定すると、デバイスの横幅に合わせる。
height= n 表示領域の縦幅。デフォルト値はwidthと縦横比から計算される。
initial-scale= n ページが最初に読み込まれた時の拡大率。デフォルト値は1。
user-scalable={yes|no} ユーザに拡大縮小を許可するか否かをyes(規定値)又はnoで指定する。

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 META 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

サンプル

META 要素の使用例を次に示します。

<head>
<meta http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS">
<meta http-equiv="Content-Script-Type" content="text/javascript">
<meta http-equiv="Content-Style-Type" content="text/css">
<meta http-equiv="imagetoolbar" content="false">
<meta name="author" content="YAJIMA Maimi">
<meta name="description" content="このページでは、HTMLのMETAタグについて説明しています。">
<meta name="keywords" content="HTML,META">
<meta name="robots" content="noindex,nofollow">
<meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
</head>

Webブラウザのページキャッシュを制御する

ページをWebブラウザにキャッシュさせない例を次に示す。

<meta http-equiv="Cache-Control" content="no-cache">

上記の例は次のようにすることもできる。

<meta http-equiv="Pragma" content="no-cache">

Webブラウザのページキャッシュ有効期限を指定する

キャッシュの有効期限を指定する例を次に示す。

<meta http-equiv="Expires" content="Sat, 26 Oct 2013 11:39:00">

キャッシュの有効期限を秒数で指定する例を次に示す。

<meta http-equiv="Expires" content="3600">

ページをWebブラウザにキャッシュさせないようにするには、キャッシュの有効期限を0に指定することでも実現できる。

<meta http-equiv="Expires" content="0">

クッキーに値を設定する

<meta http-equiv="set-cookie" content="foo=bar; domain=itref.fc2web.com; path=/; secure">

AndroidやiOSにおいて電話番号、メールアドレスおよび住所をリンクに変換させない

<meta name="format-detection" content="telephone=no, email=no, address=no">
スポンサーリンク