RUBY

HTMLタグ <RUBY> は、単語に振り仮名(ルビ)を付けます。ふりがなを付ける単語は<RB>で指定します。ふりがなは<RT>で指定します。

構文

<RUBY>
  <RB>ルビを振る文字列</RB>
  <RT>ふりがな</RT>
</RUBY>

HTMLバージョン

HTML5以降

コンテンツモデルのカテゴリ

フローコンテンツ、フレージングコンテンツ

サンプル

次に<ruby>タグを使用したHTMLの例を示します。

<ruby>
  <rb>東雲</rb>
  <rt>しののめ</rt>
</ruby>

東雲 しののめ

RB

RBは、ルビを振る対象となる親文字(ruby base)を包含するHTML要素である。<RUBY>と<RUBY>の間に記述します。振り仮名は<RT>タグで指定できます。

構文

<RUBY>
  <RB>ルビを振る文字列</RB>
  <RT>ふりがな</RT>
</RUBY>

HTMLバージョン

HTML5以降

コンテンツモデルのカテゴリ

コンテンツモデルに属さない

RT

ルビのふりがなを指定します。<RUBY>と<RUBY>の間に記述します。振り仮名をふる単語は<RB>タグで指定できます。

構文

<RUBY>
  <RB>ルビを振る文字列</RB>
  <RT>ふりがな</RT>
</RUBY>

HTMLバージョン

HTML5以降

コンテンツモデルのカテゴリ

コンテンツモデルに属さない

スポンサーリンク