CREATE MATERIALIZED VIEWはマテリアライズド・ビューを作成するSQL文である。

目次

CREATE MATERIALIZED VIEWの構文

自分のスキーマ内にマテリアライズド・ビューを作成する。

CREATE MATERIALIZED VIEW mview AS select

他のスキーマ内にマテリアライズド・ビューを作成する。

CREATE MATERIALIZED VIEW schema.mview AS select

自分のスキーマ内にマテリアライズド・ビューを作成し、デフォルトのリフレッシュ方法を高速リフレッシュとする。

CREATE MATERIALIZED VIEW mview REFRESH FAST AS select

自分のスキーマ内にマテリアライズド・ビューを作成し、デフォルトのリフレッシュ方法を完全リフレッシュとする。

CREATE MATERIALIZED VIEW mview REFRESH COMPLETE AS select

自分のスキーマ内にマテリアライズド・ビューを作成し、可能であれば、デフォルトのリフレッシュ方法を高速リフレッシュとする。そうでなければ、デフォルトのリフレッシュ方法を完全リフレッシュとする。

CREATE MATERIALIZED VIEW mview REFRESH FORCE AS select
mview

作成するマテリアライズド・ビューの名前を指定する。

schema

作成するマテリアライズド・ビューのスキーマを指定する。

select

SELECT文を指定する。

ビューの置換

CREATE VIEWとは異なり、CREATE MATERIALIZED VIEWにはOR REPLACE句を指定できないため、既存のマテリアライズド・ビューを置き換えることはできない。

ALTER MATERIALIZED VIEWで属性の一部は変更できるが、マテリアライズド・ビューの元になる問い合わせ(SELECT文)は変更できない。

問い合わせを変更するには、DROP MATERIALIZED VIEWでマテリアライズド・ビューを削除してから再作成する。

CREATE MATERIALIZED VIEWに必要な権限

自分のスキーマにマテリアライズド・ビューを作成するには、次の権限が必要である。

他のユーザのスキーマ内にマテリアライズド・ビューを作成するには、CREATE ANY MATERIALIZED VIEWシステム権限が必要である。また、マテリアライズド・ビューの所有者となるユーザには、次の権限が必要である。

関連SQL

スポンサーリンク