ALTER MATERIALIZED VIEWはマテリアライズド・ビューを変更するSQL文である。

ALTER MATERIALIZED VIEWでマテリアライズド・ビューの元となる問い合わせ(SELECT文)を変更することはできない。 問い合わせを変更するには、DROP MATERIALIZED VIEWでマテリアライズド・ビューを削除してから再作成する。

構文

ALTER MATERIALIZED VIEW [schema.]name REFRESH {FAST|COMPLETE|FORCE}
schema

変更するマテリアライズド・ビューのスキーマを指定する。スキーマの指定を省略した場合、自スキーマのテーブルのマテリアライズド・ビューを変更する。

name

変更するマテリアライズド・ビューを指定する。

REFRESH FAST

マテリアライズド・ビューを高速リフレッシュに変更する。

REFRESH COMPLETE

マテリアライズド・ビューを完全リフレッシュに変更する。

REFRESH FORCE

可能なら高速リフレッシュ、そうでなければ完全リフレッシュに変更する。

スポンサーリンク