ALTER MATERIALIZED VIEWはマテリアライズド・ビューを変更するSQL文である。

目次

ALTER MATERIALIZED VIEWの構文

自分のスキーマ内にあるマテリアライズド・ビューを高速リフレッシュに変更する。

ALTER MATERIALIZED VIEW mview REFRESH FAST

自分のスキーマ内にあるマテリアライズド・ビューを完全リフレッシュに変更する。

ALTER MATERIALIZED VIEW mview REFRESH COMPLETE

自分のスキーマ内にあるマテリアライズド・ビューを可能なら高速リフレッシュ、そうでなければ完全リフレッシュに変更する。

ALTER MATERIALIZED VIEW mview REFRESH FORCE

他のスキーマ内にあるマテリアライズド・ビューを高速リフレッシュに変更する。

ALTER MATERIALIZED VIEW schema.mview REFRESH FAST

他のスキーマ内にあるマテリアライズド・ビューを完全リフレッシュに変更する。

ALTER MATERIALIZED VIEW schema.mview REFRESH COMPLETE

他のスキーマ内にあるマテリアライズド・ビューを可能なら高速リフレッシュ、そうでなければ完全リフレッシュに変更する。

ALTER MATERIALIZED VIEW schema.mview REFRESH FORCE
mview

変更するマテリアライズド・ビューを指定する。

schema

変更するマテリアライズド・ビューのスキーマを指定する。

GEEKLY

マテリアライズド・ビューの問合せ文変更

ALTER MATERIALIZED VIEWでマテリアライズド・ビューの元となる問い合わせ(SELECT文)を変更することはできない。

問い合わせを変更するには、DROP MATERIALIZED VIEWでマテリアライズド・ビューを削除してから再作成する。

ALTER MATERIALIZED VIEWに必要な権限

自分のスキーマ内にあるマテリアライズド・ビューを変更するには、とくに権限は必要ない。

変更するマテリアライズド・ビューが自分のスキーマ内にない場合は、ALTER ANY MATERIALIZED VIEWシステム権限が必要である。

関連SQL

スポンサーリンク