DROP MATERIALIZED VIEWはマテリアライズド・ビューを削除するSQL文である。

目次

DROP MATERIALIZED VIEWの構文

自分のスキーマ内にあるマテリアライズド・ビューを削除する。

DROP MATERIALIZED VIEW mview

他のスキーマ内にあるマテリアライズド・ビューを削除する。

DROP MATERIALIZED VIEW schema.mview

コンテナ表を保持したままマテリアライズド・ビューを削除する。

DROP MATERIALIZED VIEW mview PRESERVE TABLE
mview

削除するマテリアライズド・ビューを指定する。

schema

削除するマテリアライズド・ビューのスキーマを指定する。

マテリアライズド・ビューの再作成

マテリアライズド・ビューを再作成するとき、マスタ表(マテリアライズド・ビューの元となる表)とコンテナ表(結果表)に変化が無い場合、マテリアライズド・ビューを削除するときにコンテナ表を残しておくと、高速に再作成できる。

残しておいたコンテナ表を再利用するには、マテリアライズド・ビューを作成するときにON PREBUILT TABLE句を指定する。

DROP MATERIALIZED VIEWに必要な権限

自分のスキーマ内にあるマテリアライズド・ビューを削除するには、とくに権限は必要ない。

削除するマテリアライズド・ビューが自分のスキーマ内にない場合は、DROP ANY MATERIALIZED VIEWシステム権限が必要である。

関連SQL

スポンサーリンク