整合性制約とは、データベース内の値を制限する規則である。

目次

整合性制約の種類

整合性制約には次の種類がある。

整合性制約の一覧
整合性制約 説明
NOT NULL この制約が付けられた列は、必ず値を挿入しなければならない(NULLにできない)。
PRIMARY KEY 主キー制約。NOT NULLとUNIQUEの両方の制約が付く。
また、インデックスが自動的に作成される。
UNIQUE 一意制約。この制約が付けられた列は値が一意でなければならず、重複した値を挿入できない。
FOREIGN KEY 外部キー制約。他のテーブル等に存在する値しか挿入できない。
CHECK チェック制約。任意のチェック条件を指定できる。

整合性制約に関するSQL文

次のSQL文で整合性制約を追加・変更・削除できる。

SQL文 説明
CREATE TABLE テーブルを作成する。
ALTER TABLE テーブルを変更する。
CREATE VIEW ビューを作成する。
ALTER VIEW ビューを変更する。

整合性制約に関するデータ・ディクショナリ

整合性制約に関する情報は、次のデータディクショナリ・ビューで参照できる。

データディクショナリビュー 説明
ALL_CONSTRAINTS 現在のユーザがアクセスできる整合性制約を示す。
DBA_CONSTRAINTS Oracleデータベース内すべての整合性制約を示す。
USER_CONSTRAINTS 現在のユーザが所有する整合性制約を示す。
スポンサーリンク