TRUNCATE TABLE文は、指定した表に存在するすべての行を削除します。これは、すべての行を削除するDELETE文と類似しています。ただし、行を個別に削除するDELETEに比べ、処理が高速に実行されます。

TRUNCATE TABLEはDDL文である。DDL文を実行すると、暗黙的にCOMMITが実行される。このため、TRUNCATE TABLE文で削除した行はロールバックできない。

DELETE 文と TRUNCATE TABLE 文の違い
DELETE TRUNCATE T ABLE
SQL文の分類 DML文 DDL文
処理速度 遅い 速い
トランザクション コミットされない コミットされる
TRUNCATE TABLE [スキーマ名.]表名 [ { PRESERVE | PURGE } MATERIALIZED VIEW LOG ] [ { DROP | REUSE } STORAGE ]
スポンサーリンク