DROP TABLEは表を削除するSQL文です。

DROP TABLE [schema.]表名 [CASCADE CONSTRAINTS]
schema
削除する表が存在するスキーマの名前。 schema を省略した場合、自分のスキーマ内にある表を削除する。自分のスキーマ以外の表を削除するには、 DROP ANY TABLE システム権限が必要である。
CASCADE CONSTRAINTS
外部キー制約ごと表を削除する。

削除しようとする表の中に、他の表から外部キー制約で参照されている列が含まれている場合はエラーとなり、表は削除できない。これは、参照先の表が削除されてしまうと、参照元の外部キー制約がすべて制約違反になってしまい、データの整合性が無くなってしまうからである。

外部キー制約で参照されている表

この場合、 CASCADE CONSTRAINTS 句を指定すると、参照元の外部キー制約ごと表を削除することができる。

外部キー制約ごと表を削除
SQL> drop table 従業員表;
スポンサーリンク