Javaのインストール方法でお悩みなあなたへ。この記事では、Javaのインストール手続きについて解決する方法をご紹介しています。これを見れば、迷うことなく簡単にJavaをインストールする手順がわかります。

Javaのインストール方法

Javaには2種類あり、いずれか片方をインストールする。

2種類のJava
種類説明
JRE Javaの実行環境
JDK Javaの開発・実行環境

JRE (Java Runtime Environment)はJavaの実行環境である。Javaアプリケーションを実行したいなら、JREをインストールする。

JDK (Java Development Kit)はJavaの開発・実行環境である。Javaアプリケーションを開発したいなら、JDKをインストールする。なお、JDKはJREも含んでいるので、JREを別途インストールする必要はない。

JREのインストール

JREは次の手順でインストールする。

  1. JavaのWebサイト(https://www.java.com/ja/)をWebブラウザで開く。
  2. 「無料Javaのダウンロード」のリンクをクリックする。
  3. 「同意して無料ダウンロードを開始」のリンクをクリックする。
  4. ダウンロードしたexeファイルを実行する。

JDKのインストール

JDKは次の手順でインストールする。

  1. Oracle Technology NetworkのWebサイト(https://www.oracle.com/technetwork/jp/java/)をWebブラウザで開く。
  2. 「Java SE」のリンクをクリックする。
  3. 「DOWNLOAD」ボタンをクリックする。
  4. Windows x64のJDKをダウンロードする。
  5. ダウンロードしたexeファイルを実行する。
  6. JDKをインストールした場所のbinフォルダのパスを環境変数PATHに追加する。

環境変数の設定

環境変数とは、アプリケーションに関する設定を保持するためにあるOS(オペレーティングシステム)の仕組みである。Javaの環境変数には次のものがある。

Javaの環境変数
環境変数説明
CLASSPATH実行したいJavaのクラスファイル(.class)があるフォルダのパス
PATH実行ファイル(.exe)があるフォルダのパス ※Windowsのみ

Linux (Unix)の場合、環境変数の設定方法はシェルの種類によって異なる。