CentOS (The Community ENTerprise Operating System)はRed Hat Enterprise Linux (RHEL)互換のLinuxディストリビューションである。

CentOSのダウンロード

  1. www.centos.orgのサイトを開く。
  2. メニューから [Downloads] - [Mirros] を選択する。
  3. [CentOS Public Mirror List] をクリックする。
  4. いずれかのミラーサイトをクリックする。HTTPやFTPを選択できるが、ここではHTTPを選択するものとする。
  5. Indexが表示されるので、取得するバージョンを選択する。ここでは6.3を選択するものとする。
  6. カテゴリの一覧が表示される。isoイメージをダウンロードする場合、isosを選択する。
  7. アーキテクチャの一覧が表示される。32ビットならi386、64ビットならx86_64を選択する。ここではx86_64を選択するものとする。
  8. CentOS-6.3-x86_64-bin-DVD1.isoをクリックすると、ダウンロードが開始される。

CentOSのインストール

Red Hat Enterprise Linux/CentOSのIPアドレス設定

/etc/sysconfig/network-scripts/ifcfg- interface を編集する。 interface にはインタフェース名(eth0など)を指定する。

DEVICE デバイス名
BOOTPROT アドレスの取得方法。"static"(静的)又は"dhcp"(動的)
BROADCAST ブロードキャストアドレス
IPADDR IPアドレス
NETMASK サブネットマスク
NETWORK ネットワークアドレス
ONBOOT 起動時の状態設定。"yes"又は"no"
NM_CONTROLLED NetworkManagerの有効化。"yes"又は"no"
PREFIX サブネットのプリフィクス長
TYPE 接続タイプ
DEFROUTE デフォルトのNIC。"yes"又は"no"
IPV4_FAILURE_FATAL IPv6を使用するか否か
IPV6INIT IPv6の有効化
NAME NetworkManagerの認識名
UUID システムが付与する認識名
IPV4_FAILURE_FATAL
"yes"の場合、IPv4が使用できないときにIPv6を使用する。"no"の場合、IPv4が使用できなくてもIPv6を使用しない。
IPV6INIT
"yes"の場合、IPv6を有効化する。"no"の場合、IPv6を有効化しない。

キーボード設定

/etc/sysconfig/keyboardを編集する。

名前 説明
KEYTABLE "us"または"jp106"
LAYOUT "us"または"jp"
スポンサーリンク