Microsoft .NET Frameworkとは、プログラミング言語やコンピュータ・アーキテクチャに依存しないアプリケーション開発・実行環境である。

Microsoft .NET Framework

共通言語基盤 (CLI: Common Language Infrastructure)

共通言語基盤 (CLI: Common Language Infrastructure) とは、Microsoft .NET Frameworkの実行環境などについて定めた仕様である。プログラミング言語やコンピュータ・アーキテクチャに依存しない環境を定義している。

CLIは、ECMA(ヨーロッパ電子計算機工業会)やISO、JISによって標準化されている。CLIをマイクロソフトがWindows用に実装しているが、マイクロソフト以外のベンダーが独自に任意のプラットフォームへ実装することもできる。

共通言語動作環境 (CLR: Common Language Runtime)

共通言語動作環境 (CLR: Common Language Runtime) とは、Microsoft .NET Frameworkアプリケーションを実行するための仮想機械で、共通言語基盤 (CLI) をマイクロソフトがWindows用に実装したものである。

CLRは動作プラットフォームごとに用意され、プラットフォーム間の違いを吸収し、共通のクラスライブラリ等のサービスを提供する。

Microsoft .NET Framework対応プログラムは、MSILという中間言語形式をとっているため、プログラム実行時に各プラットフォームに合わせてネイティブコンパイルして実行する役割をもつ。

マイクロソフト中間言語 (MSIL: Microsoft Intermediate Language)

MSIL (Microsoft Intermediate Language) とは、Microsoft .NET Frameworkで使用される、実行可能ファイルの標準形式である。

MSILは中間言語形式であるため、そのままでは実行できない。そこで、プログラム実行時に共通言語動作環境 (CLR) が各プラットフォームに合わせてネイティブコンパイルして実行される。

MSILは開発言語に依存せず、開発言語からMSILへのコンパイラさえ用意すれば、どのような言語でもMSILのプログラムを作成できる。

アセンブリ

.NETでは、コンポーネントはアセンブリと呼ばれるファイル(DLLファイル)として提供される。このアセンブリの配置方法には、共有配置とプライベート配置の2種類がある。

共有配置は、アセンブリをマシン全体で共有したい場合の配置方法で、グローバル・アセンブリ・キャッシュ(GAC: Global Assembly Cache)と呼ばれる特殊なフォルダ(C:\Windows\assembly)にアセンブリを配置する。

ASP.NET

ASP.NETとは、マイクロソフト社が開発・提供しているWebアプリケーションフレームワークである。

System.Data.Common.DbProviderFactory

DbProviderFactoryは、プロバイダのデータソースクラスの実装のインスタンスを作成するためのメソッドを提供するクラスである。

System.Data.Common.DbProviderFactories

DbProviderFactoriesは、System.Data.Common.DbProviderFactoryクラスのインスタンスを作成するためのクラスである。

DbProviderFactoriesクラスのメソッド
メソッド 説明
GetFactory DbProviderFactoryのインスタンスを返す。
GetFactoryClass DbProviderFactoryを実装するすべてのインストール済みプロバイダに関する情報を格納しているDataTableを返す。

GetFactory

public static DbProviderFactory GetFactory(string providerInvariantName)
providerInvariantName
プロバイダの不変名
スポンサーリンク