コンピュータ言語には、プログラムを記述するためのプログラミング言語と、データを記述するためのデータ記述言語がある。

目次

プログラミング言語

言語 説明
AWK テキスト処理に長けたプログラミング言語
C言語 OSやデバイスドライバなどのシステム記述に長けたプログラミング言語である。
プログラムを実行するには、機械語へ変換する作業(コンパイルとリンク)が必要となる。
C++ C言語にオブジェクト指向プログラミングの機能を拡張したものである。
プログラムを実行するには、機械語へ変換する作業(コンパイルとリンク)が必要となる。
C# C++を拡張したプログラミング言語
Java マルチプラットフォームで動作するプログラミング言語
JavaScript Webブラウザ上で動作するプログラミング言語
JScript Windows Script Host (WSH)のJavaScriptライクなスクリプト言語
Julia 汎用の動的プログラミング言語
Lua 組み込み分野などに使われるインタプリタ型の高速プログラミング言語
Perl インタプリタ型のプログラミング言語
PHP Webアプリケーション開発に使われるインタプリタ型のプログラミング言語
Python スクリプトや人工知能に使われるインタプリタ型のプログラミング言語
VBA Microsoft Office上で動作するVisual Basic
VBScript Windows Script Host (WSH)のVisual Basicライクなスクリプト言語
Visual Basic Microsoft Windows用のBASIC
Visual C++ Microsoft Windows用のC++
アセンブリ言語 人間には理解しにくい機械語をテキストで表したもの。基本的に命令は機械語と1対1で対応している。
命令セットがCPUごとに異なるため、CPUによって言語仕様が異なる。
プログラムを実行するには、機械語へ変換する作業(アセンブル)が必要となる。
機械語(マシン語) コンピュータのCPUが直接解釈・実行できる唯一の言語である。プログラムはバイナリデータで表されるため、人間には理解しにくい。
命令セットがCPUごとに異なるため、CPUによって言語仕様が異なる。

データ記述言語

言語 説明
DTD (Document Type Definition) HTMLなどの文書構造を定義するスキーマ言語
XML Schema XMLの文書構造を定義するスキーマ言語
HTML (HyperText Markup Language) ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語
XML (Extensible Markup Language) 拡張可能なマークアップ言語
Markdown 軽量マークアップ言語
Textile RedmineのWikiなどで使われている軽量マークアップ言語
WSDL (Web Services Description Language) Webサービスのインタフェースを記述するためのインタフェース記述言語
このエントリーをはてなブックマークに追加