コマンドプロンプトの組み込みコマンド

コマンドプロンプトの組み込みコマンドは、コマンドプロンプト内で実行するか、コマンドプロンプトの引数に指定して実行する。

C:\> DIR
C:\> cmd.exe /C DIR

コマンドプロンプト(cmd.exe)の組み込みコマンドを示す。

コマンドプロンプトの組み込みコマンド一覧
コマンド 説明
ASSOC ファイル拡張子の関連付けを表示又は変更する。
ATTRIB ファイルの属性を表示又は変更する。
BREAK 拡張 CTRL+Cチェックを設定又は解除する。
CALL バッチプログラム中から、別のバッチ プログラムを呼び出す。
CD 現在のディレクトリを表示又は変更する。
CHDIR
COLOR コンソールの文字と背景の既定の色を設定する。
COMP 2個のファイル又はファイルの集合の内容を比較する。
COMPACT NTFSパーティション上のファイルの圧縮状態を表示又は変更する。
CONVERT FATボリュームをNTFSに変換する。現在のドライブは変換できない。
COPY 1個以上のファイルを別の場所にコピーする。
DATE 日付を表示又は変更する。
DEL ファイルを削除する。
DIR ディレクトリ中のファイルやサブディレクトリの一覧を表示する。
ECHO メッセージの表示、コマンド エコーのオン、オフの指定をする。
ENDLOCAL バッチファイルで、環境変数のローカル化を終了する。
ERASE 1個以上のファイルを削除する。
EXIT CMD.EXEプログラム(コマンドインタプリタ)を終了する。
FIND ファイルの中からテキスト文字列を検索する。
FOR 指定されたコマンドを、ファイルの集合の各ファイルに対して実行する。
FTYPE ファイル拡張子の関連付けで使われるファイルタイプを表示又は変更する。
GOTO バッチプログラム中で、ラベルで定義されている行へWindowsコマンドインタプリタの実行を移す。
HELP Windowsコマンドのヘルプ情報を表示する。
IF バッチファイル中で、条件処理を実行する。
LABEL ディスクのボリュームラベルを作成、変更、又は削除する。
MD ディレクトリを作成する。
MKDIR ディレクトリを作成する。
MKLINK シンボリックリンクおよびハードリンクを作成する。
MODE システムデバイスを設定する。
MORE 出力を一度に1画面ずつ表示する。
MOVE 1個以上のファイルをディレクトリから別のディレクトリに移動する。
PATH 実行可能ファイルの検索パスを表示又は設定する。
PAUSE バッチファイルの処理を一時停止し、メッセージを表示する。
POPD 現在のディレクトリをPUSHDで保存したディレクトリに戻す。
PRINT テキストファイルを印刷する。
PROMPT Windowsコマンドプロンプトを変更する。
PUSHD 現在のディレクトリを保存して、変更する。
RD ディレクトリを削除する。
RECOVER 不良又は欠陥ディスクから読み出し可能な情報を復元する。
REM バッチファイルやCONFIG.SYSの中で、コメント(注釈)を記録する。
REN ファイルの名前を変更する。
RENAME ファイルの名前を変更する。
REPLACE ファイルを置き換えます。
RMDIR ディレクトリを削除する。
SET Windows環境変数を表示、設定、又は削除する。
SETLOCAL バッチファイルで、環境変数のローカル化を開始する。
SHIFT バッチファイルで、置き換え可能パラメーターの位置をシフトする。
SHUTDOWN ローカル又はリモートのコンピュータのシャットダウンを許可する。
SORT 入力を並べ替える。
START 別のウィンドウを起動して、指定したプログラム又はコマンドを実行する。
TIME システム時刻を表示又は変更する。
TITLE コマンド プロンプト ウィンドウのタイトルを設定する。
TREE ドライブ又はパスのディレクトリ構造を図式表示する。
TYPE テキストファイルの内容を表示する。
VER Windowsのバージョンを表示する。
VERIFY ファイルがディスクへ正しく書き込まれたかを照合するかどうかWindowsへ指定する。
VOL ディスクのボリュームラベルとシリアル番号を表示する。

Windowsのコマンド

Windowsのコマンド一覧
コマンド 説明
ARP.exe IPアドレスから物理アドレスへの変換テーブルを表示及び変更する。
at.exe 指定した日時にコマンドが実行されるようにスケジュールする
bcdboot.exe BCDブートファイルの作成及び修復用ツール
bcdedit.exe Windows Vista及びそれ以降のOSで、ブート構成データストア(BCD)を修正する。
bootcfg.exe Windows XP及びそれ以前のOSで、BOOT.INIファイルのブートエントリの設定を表示、変更又は削除する。
bootrec.exe ブートレコードの修復を行う。
CACLS ファイルのアクセス制御リスト(ACL)を表示又は変更する。
CHCP 有効なコードページ番号を表示又は設定する。
CHDIR 現在のディレクトリを表示又は変更する。
CHKDSK ディスクをチェックし、状態を表示する。
CHKNTFS 起動時のディスクのチェックを表示又は変更する。
CLS 画面を消去する。
cmd.exe Windowsコマンドインタープリタを新しく起動する。
CSCRIPT スクリプトをバッチモードで実行する。
diskcomp.com 2つのフロッピー ディスクの内容を比較する。
diskcopy.com フロッピーディスクの内容を別のフロッピーディスクにコピーする。
diskpart.exe ディスクパーティションのプロパティを表示又は構成する。
diskperf.exe ディスクパフォーマンスカウンタを設定する。
DOSKEY コマンドラインの編集、Windows コマンドの再呼び出し、マクロの作成をする。
DRIVERQUERY 現在のデバイスドライバの状態とプロパティを表示する。
FC 2個のファイル又はファイルの集合の内容を比較して、それらの違いを表示する。
FINDSTR ファイルの中から文字列を検索する。
forfiles.exe フォルダを再帰的に走査して,ファイルやフォルダを検索してコマンドを実行する。
FORMAT Windowsで使用するためのディスクをフォーマットする。
FSUTIL ファイルシステムプロパティを表示又は構成する。
GPRESULT コンピュータ又はユーザのグループポリシ情報を表示する。
GRAFTABL Windowsがグラフィックモードで拡張文字セットを表示できるようにする。
ICACLS ファイルおよびディレクトリのACLを表示、変更、バックアップ又は復元する。
ipconfig.exe TCP/IP構成を表示したり、DHCPやDNS設定を変更する。
mstsc.exe リモートデスクトップ接続
net.exe ネットワーク関係の設定及び現在の情報を表示する。
netsh.exe ネットワーク構成を表示又は修正する。
NETSTAT.EXE ネットワーク状態を表示する。
nslookup.exe ホスト名とIPアドレスの変換をDNSサーバに問い合わせる。
OPENFILES リモートユーザによって開かれている共有ファイルを表示する。
powershell.exe PowerShell
PowerShell_ISE.exe PowerShell統合開発環境
query.exe プロセス情報を表示する
reg.exe レジストリを操作する。
REGSVR32 COMコンポーネントをシステムに登録する。
ROBOCOPY ファイルやディレクトリ構造をコピーする詳細ユーティリティ
ROUTE.EXE ネットワークルーティングテーブルを操作する。
SC サービスを表示又は構成する(バックグラウンド プロセス)。
SCHTASKS コンピュータ上で実行されるコマンドとプログラムをスケジュールする。
shutdown.exe コンピュータをシャットダウンする。
subst.exe パスを仮想ドライブに割り当てる。
SYSTEMINFO コンピュータ特有のプロパティと構成を表示する。
TASKLIST サービスを含む現在実行されているすべてのタスクを表示する。
TASKKILL 実行されているプロセス又はアプリケーションを削除又は停止する。
telnet Telnetクライアント
TRACERT ネットワーク経路を表示する。
XCOPY ファイルやディレクトリ構造をコピーする。
WMIC 会話型コマンドシェルのWMI情報を表示する。
WSCRIPT スクリプトをインタラクティブモードで実行する。
スポンサーリンク

標準入出力のリダイレクト

入力のリダイレクト

入力のリダイレクトは、次の構文で行う。

command descriptor < filepath

command には、実行するコマンドと引数を指定する。

descriptor にはファイル記述子を指定する。通常、標準入力のファイル記述子は0である。

filepath には、入力元ファイルのパス名を指定する。

more コマンドの標準入力をキーボードからファイルに切り替える例を次に示す。

more 0< C:\work\myfile.txt

標準入力をリダイレクトする場合は、ファイル記述子を省略することができる。

ファイル記述子を省略して、 more コマンドの標準入力をキーボードからファイルに切り替える例を次に示す。

more < C:\work\myfile.txt

出力のリダイレクト

出力のリダイレクトは、次の構文で行う。

command [ parameter-list ] [ descriptor ]> { filepath | NUL}

command には、実行するコマンドと引数を指定する。

descriptor にはファイル記述子を指定する。通常、標準出力のファイル記述子は1、標準エラー出力のファイル記述子は2である。

filepath には、出力先ファイルのパス名を指定する。ファイルが存在しなければ、新たに作成される。

type コマンドの出力先(標準出力)をディスプレイからファイルに切り替える例を次に示す。

type C:\work\myfile.txt 1> C:\work\newfile.txt

type コマンドのエラー出力先(標準エラー出力)をディスプレイからファイルに切り替える例を次に示す。

type C:\work\myfile.txt 2> C:\work\error.txt

標準出力をリダイレクトする場合は、ファイル記述子を省略することができる。

ファイル記述子を省略して、 type コマンドの出力先(標準出力)をディスプレイからファイルに切り替える例を次に示す。

type C:\work\myfile.txt > C:\work\newfile.txt

標準エラーをリダイレクトする場合は、ファイル記述子を省略することはできない。

出力をリダイレクトするとき、出力先のファイルが既に存在する場合は、いったん既存のファイルが削除されてから新たにファイルが作成される。つまり、既存ファイルの内容は失われる。

既存ファイルの内容を失わずに追加書き出しを行なう場合、出力のリダイレクトは、次の構文で行う。

command descriptor >> filepath

type コマンドの出力先(標準出力)をディスプレイからファイルに切り替えて、追加書き出しする例を次に示す。

type C:\work\myfile.txt 1>> C:\work\newfile.txt

type コマンドのエラー出力先(標準エラー出力)をディスプレイからファイルに切り替えて、追加書き出しする例を次に示す。

type C:\work\myfile.txt 2>> C:\work\error.txt

追加書き出しする際も、標準出力をリダイレクトする場合は、ファイル記述子を省略することができる。

type C:\work\myfile.txt >> C:\work\newfile.txt

NULLデバイスに出力する(どこにも出力しない)場合は、 NUL にリダイレクトする。識別子 NUL は大文字でも小文字でもよい。

C:\> ECHO hello > NUL

ASSOC

ファイル拡張子とファイルタイプの関連付けを表示・変更する。

ASSOC [. ext [=[ filetype ]]]

すべてのファイル拡張子の関連付けを表示する。

ASSOC

指定したファイル拡張子の関連付けを表示する。

ASSOC . ext

ファイル拡張子の関連付けを変更する。

ASSOC . ext = filetype

ファイル拡張子の関連付けを削除する。

ASSOC . ext =

bootrec.exe

bootrec.exeはブートレコードの修復を行うコマンドである。

システムパーティションに新しいブートセクタを書き込む。

bootrec.exe /FixBoot

システムパーティションにマスタブートレコード(MBR)を書き込む。

bootrec.exe /FixMbr

Windowsと互換性があるインストールを探すために、すべてのディスクをスキャンする。

bootrex.exe /RebuildBcd

EXIT

EXITは、コマンド・プロンプトを終了するコマンドである。

EXIT [ /B ] [ code ]

/B
コマンド・プロンプトではなくバッチ・プログラムを終了する
code
終了コード

FTYPE

ファイルタイプと実行コマンドの関連付けを表示・変更する。

FTYPE [ filetype [=[ command ]]]

すべてのファイルタイプと実行コマンドの関連付けを表示する。

FTYPE

指定したファイルタイプと実行コマンドの関連付けを表示する。

FTYPE filetype

ファイルタイプに実行コマンドを関連付ける。コマンドに引数を渡す場合、 %1, %2 (1番目に引数、2番目の引数)や %* (すべての引数)を指定する。

と実行コマンドの関連付け filetype = command

ファイルタイプの関連付けを削除する。

FTYPE filetype =

拡張子が .lua のファイルをコマンド lua.exe で実行するよう関連付けする例を示す。

ASSOC .LUA=LUASCRIPT
FTYPE LUASCRIPT="C:Program Files\Lua\5.1\lua.exe" %1 %*

構文

MKLINKはシンボリックリンクを作成するWindowsコマンドである。

シンボリックリンクを作成する。

MKLINK link target
link

作成するシンボリックリンクの名前を指定する。

target

リンクが参照するパス(相対パスまたは絶対パス)を指定する。

ディレクトリのシンボリックリンクを作成する。

MKLINK /D link target

(シンボリックリンクではなく)ハードリンクを作成する。

MKLINK /H link target

ディレクトリジャンクションを作成する。

MKLINK /J link target

NETSH

グローバルTCPパラメータを表示する。

netsh interface tcp show global

SNP (Scalable Networking Pack)を無効化する。

netsh interface tcp set global shimney=disabled>
netsh interface tcp set global rss=disabled
netsh interface tcp set global netdma=disabled

NETSTAT

NETSTATはプロトコルの統計と現在のTCP/IPネットワーク接続を表示するコマンドである。

NETSTAT [-a] [-b] [-e] [-f] [-n] [-o] [-p protocol] [-r] [-s] [-t] interval
-a
全ての接続とリッスンポートを表示する。
-n
アドレスとポート番号を数値形式で表示する。
-o
各接続に関連付けられたそれらを所有するプロセスIDを表示する。
-p protocol
指定したプロトコルの接続を表示する。 protocol には TCPUDPTCPv6 又は UDPv6 のいずれかを指定する。 -s オプションと併用する場合のみ、前述のプロトコルに加えて IPICMPIPv6 又は ICMPv6 のいずれかも指定できる。
-s
プロトコルごとの統計を表示する。

ポート番号がどのアプリケーションで使用されているか確認するには、次のコマンドを実行する。

NETSTAT -nao

REGSVR32

COMコンポーネントをシステムに登録するためには、Windows付属のコンソールプログラム regsvr32 を使用します。

regsvr32 [/u] [/s] [/n] [/i[:コマンドライン]] ファイル名

ファイル名で指定されたコンポーネント内の DllRegisterServer 関数を呼び出して、コンポーネントをシステムに登録します。

regsvr32 コマンドには次のようなオプションがあります。

/u
指定されたコンポーネント内の DllUnregisterServer 関数を呼び出して、コンポーネントをシステムから解除します。
/s
メッセージボックスを表示せずに実行します。
/i
省略可能な [コマンドライン] 文字列を引数として、指定されたコンポーネント内の DllInstall(TRUE, コマンドライン文字列) 関数を呼び出します。 /u オプションと併用した場合は、指定されたコンポーネント内の DllInstall(FALSE, コマンドライン文字列) 関数を呼び出します。
/n
DllRegisterServer 関数を呼び出しません。/u と併用した場合は DllUnregisterServer 関数を呼び出しません。このオプションは /i オプションと併用する必要があります。
スポンサーリンク