WorksheetFunctionオブジェクトとは、Visual Basicから呼び出すことができるExcelワークシート関数のコンテナである。Excel関数はWorksheetFunction オブジェクトのメソッドとして呼び出すことができる。

目次

WorksheetFunctionオブジェクトのメソッド

Microsoft Excel VBAのWorksheetFunctionオブジェクトには次のメソッドがある。

WorksheetFunction オブジェクトのメソッド
メソッド 説明
CountA 引数リストの各項目に含まれるデータの個数の合計を返す。
CountIf 指定した範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を返す。

WorksheetFunctionオブジェクトにExactメソッドは存在しない。ExcelのEXACT関数と同様の処理がしたければ、比較演算子を使用する。

If Range("A1").Value = Range("B1").Value Then
  ' True
Else
  ' False
End If

CountA

引数リストの各項目に含まれるデータの個数の合計を倍精度浮動小数点型(Double)で返す。

CountA(arg [,arg ...])

CountIf

指定された範囲に含まれるセルのうち、検索条件に一致するセルの個数を倍精度浮動小数点型(Double)で返す。

CountIf(range, condition)
CountIfメソッドの引数
引数 説明
range Range セルの個数を求めるセル範囲を指定する。
condition Variant 計算の対象となるセルを定義する条件を数値、式、セル参照又は文字列で指定する。
このエントリーをはてなブックマークに追加
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送