Atomとは、GitHubが開発しているオープンソースのテキストエディタである。

目次

Atomのインストール方法

Atomの公式サイトからインストーラをダウンロードして、インストーラを実行する。

Atomのメニューには、次の項目がある

File

項目 説明
New Window Atomを新たに別ウィンドウで開く。
New File 新たにファイルを開く。
Open File ファイルを開く。
Open Folder フォルダを開く。
Settings Atomの設定画面を開く。
Save 現在のファイルを保存する。
Save As 現在のファイルに名前を付けて保存する。
Save All すべてのファイルを保存する。
Exit Atomを終了する。

Edit

項目 説明
Undo 直前の操作を取り消す。
Redo 直前の操作を繰り返す。

Selection

メニュー 項目 説明
Add Selection Above 1行上まで選択する。
Add Selection Below 1行下まで選択する。

Find

項目 説明
Find in Buffer 現在のファイルで文字列を検索する。
Replace in Buffer 現在のファイルで文字列を置換する。

Packages

パッケージ 項目 説明
Auto Encoding Toggle 自動エンコーディング判定のON/OFFを切り替える。
Bracket Matcher Go To Matching Bracket 対応する括弧へ移動する。
Command Palette Toggle コマンドパレットを開く。
Dev Line Reload
Git Diff
Keybinding Resolver
Markdown Preview
Open On GitHub
Package Generator
Settings View
Snippets
Spell Check
Styleguide
Symbols
Timecop Show Atomがロードされたときに、どこでどれだけ時間がかかったのかを表示する。
Tree View
Whitespace

Help

項目 説明
View Terms of Use 使用条件を表示する。
View License ライセンスを表示する。
Check for Update Atomの更新を確認する。
Welcome Guide ウェルカムガイドを表示する。

コマンド・パレット

コマンド・パレットとは、Atomの機能をコマンドで入力する機能である。コマンド・パレットを開くには、キーボードでCtrl + Shift + Pを押下する。

コマンド・パレットにコマンドの一部を入力すると、コマンドの候補が表示される。

Atomのコマンド・パレットに入力できるコマンドの一覧
コマンド 説明
Timecop: View Atomがロードされたときに、どこでどれだけ時間がかかったのかを表示する。

Atomの設定

Atomの設定画面を開くには、FileメニューからSettingsを選択する。

Core

これらは編集とは無関係の動作に影響を与えるAtomのコア設定です。個々のパッケージには、パッケージリストのパッケージカード内にある独自の追加設定があります。

Editor

これらはテキスト編集に関する設定です。これらのうちのいくつかは言語ごとに上書きすることができます。パッケージリストのパッケージカードをクリックして言語設定を確認します。

URI Handling

これらの設定は、Atomがatom:// URIを処理する方法を決定します。

System

これらの設定は、Atomがオペレーティングシステムとどのように統合されるかを決定します。

Keybindings

コピーしてキーマップファイルに貼り付けることで、これらのキーバインドを上書きできます。

Themes

スタイルシートを編集してAtomをスタイルすることもできます。

Install

Atomにさまざまなパッケージをインストールできる。

パッケージ

パッケージはatom.ioとして公開され、C:\Users\user\.atom\packagesにインストールされる。

Atomには次のようなパッケージがある。

パッケージ 説明
file-icons ファイルの拡張子のアイコンと色を割り当てると、視覚的に見やすくなります。
japanese-menu メニューバーとコンテキストメニュー、設定画面を日本語化します。
language-julia Julia言語用のAtomパッケージです。

関連記事

SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送