HIPO (Hierarchy plus Input Process Output)とは、ソフトウェアの機能や処理を階層構造で表す構造化設計図法であり、「図式目次」と「IPOダイアグラム」の2つから構成される。

目次

HIPOとは

Hierarchy plus Input Process Output の略。システム設計における図式化手法のひとつ。機能の階層(Hierarchy)を図式目次に記述し、図式目次の各機能ごとに入力(Input)、処理(Process)、出力(Output)の関係をIPOダイアグラムに記述する。

図式目次

図式目次とは、機能の階層(Hierarchy)を表わした図である。

図式目次(VTOC)の例を示す。

HIPO VTOC

IPOダイアグラム

IPOダイアグラムとは、図式目次の各機能ごとに入力(Input)、処理(Process)、出力(Output)の関係を表わした図である。

IPOダイアグラムの例を示す。

HIPO IPO diagram

処理

処理の流れを箇条書きで記述する。

入力

処理の入力データを記載する。

出力

処理の出力データを記載する。

スポンサーリンク
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送