Eclipseは、Eclipse Foundationによりオープンソースで開発されている統合開発環境(Integrated Development Environment: IDE)である。

Eclipseは基本的な機能だけを提供するシンプルなIDEであるが、プラグインをインストールすることで、各種ツールの機能をEclipseから利用することが可能になる。Eclipseにいくつかのプラグインをあらかじめインストールした「Eclipseパッケージ」も用意されている。

Eclipseでプログラムを開発する場合、まず初めにプロジェクトを作る必要がある。プロジェクトとは、プログラムを構成するソースコードやライブラリ、設定などをまとめておくディレクトリ/フォルダである。開発するプログラムの内容に応じて、プロジェクトにはいくつかの種類がある。

Eclipseにはデバッグ機能が備わっている。デバッグ機能を使うことで、プログラムを実行しながら、指定したソースコードの行でプログラムを一時停止したり、プログラム処理の流れを1行ずつ確認することができる。また、変数に併入されている値をプログラムの実行中に確認できる。

Eclipseのインストール

Eclipseのインストーラは、はEclipse Foundationのサイトからダウンロードする。

Eclipseのユーザインタフェースは英語表記である。Eclipseを日本語表記にしたい場合は、日本語化プラグインをインストールする必要がある。Eclipseの日本語化プラグインには「日本語化言語パック (サードパーティ版)」や「Pleiades - Eclipseプラグイン日本語化プラグイン」がある。

Pleiadesのインストール

  1. 「Pleiades - Eclipseプラグイン日本語化プラグイン」のサイトを開く。
    http://mergedoc.sourceforge.jp/pleiades.html
  2. バージョン、32ビット/64ビット、Full Edition/Standard Edition、Platform/Ultimate/Java/C/C++/PHP/Pythonなど、さまざまなバージョンがあるので、任意のインストーラをダウンロードする。
  3. ダウンロードしたzipファイルを展開して、任意のフォルダに配置する。

プロジェクト内のjarファイルをクラスパスに追加

jarファイルをプロジェクト内にコピーする。「パッケージ・エクスプローラー」ビューでjarファイルを選択して、右クリックメニューの[ビルド・パス] - [ビルド・パスに追加]を実行する。これで選択したjarファイルがプロジェクトのクラスパスに追加される。追加されたjarファイルは「パッケージ・エクスプローラー」ビューの「参照ライブラリー」下に表示される。

Eclipseを起動する

eclipse.exe [-clean]
-clean

Eclipse実行環境やOSGiフレームワークによってキャッシュされたデータを初期化してからEclipseを起動する。

Eclipseの操作

ショートカットキー メニュー
Ctrl + Shift + R [ナビゲート] - [リソースを開く]

プロジェクトを新規作成する

PHPプロジェクトの新規作成

  1. PHPエクスプローラーの右クリックメニューから[新規]-[プロジェクト]を選択する。
  2. 「新規プロジェクト」ウィンドウが開く。
  3. 「ウィザードを選択」で[PHP]-[PHPプロジェクト]を選択して、「次へ」ボタンをクリックする。
  4. 「PHPプロジェクトの作成」でプロジェクト名を入力して、「完了」ボタンをクリックする。

ソースコードのインデントを揃える

ソースコードのインデントを揃える操作を次に示す。

HTMLエディタのインデントを設定する手順を次に示す。

  1. 「ウィンドウ(Window)」メニューの「設定(Preferences)」をクリックする。
  2. 「設定」ウィンドウが表示される。
  3. [Web] - [HTMLファイル(HTML Files)] - [エディター(Editor)]をクリックする。
  4. 「スペースを使用したインデント(Indent using spaces)」にチェックを入れる。
  5. 「インデント・サイズ(Indentaion size)」にスペースの個数を入力する。
  6. 「適用(Apply)」ボタンをクリックする。
  7. 「OK」ボタンをクリックして、「設定」ウィンドウを閉じる。

JavaScriptスタイルの設定

  1. 「ウィンドウ(Window)」メニューの「設定(Preferences)」をクリックする。
  2. 「設定」ウィンドウが表示される。
  3. [JavaScript] - [Code Style] - [Formatter]をクリックする。
  4. 「New」ボタンをクリックする。
  5. 「Profile Nane」に任意の名前を入力する。
  6. 「Indentaion」タブをクリックする。
  7. 「Tab policy」に「Spaces only」、「Indentation size」にスペースの個数を入力する。

ソースコードをフォーマッタで成型する

エディタでCtrl + Shift + Fを押下することで、コードのフォーマットが実行される。

JavaソースコードからJavadocを作成する

  1. 「プロジェクト」メニューから「Javadocの生成」をクリックする。
  2. 「Javadocの生成」ダイアログが開くので、必要なパラメータを入力して「完了」ボタンをクリックする。

Eclipse保管アクション

Eclipseでは、ソースコードを保存するときにインポートの編成やコードフォーマッタの適用などを自動的に実行する「保管アクション」という機能がある。

メニューから[ウィンドウ(Window)] - [設定(Preferences)]を選択して、表示されたツリーからJava > エディタ(Editor) > 保管アクションをクリックする。「保管時に選択したアクションを実行(Perform the selected actions on save)」チェックボックスにチェックを入れる。

Eclipseプラグイン

おもなプラグインを次の表に示す。

プラグイン 説明
EGit Gitバージョン管理システム
FindBugs Javaのソースコードにあるバグを解析する。
GEF Graphical Editing Framework
JDT Eclipse Java Development Tools
m2e Maven Integration
Mylyn IDE tool for ALM (Application Lifecycle Management)
PDE Plug-in Development Environment
WTP SDK Web Tools Platform Software Development Kit
AmaterasERD ER図を描くためのEclipseプラグイン
AmaterasUML UMLを描くためのEclipseプラグイン
AmaterasStepCounter ステップカウンタ

FindBugs Eclipseプラグイン

FindBugsとは、Javaのソースコードにあるバグを解析するツールである。FindBugsはスタンドアロンのGUIアプリケーションであるが、EclipseやJenkinsのプラグインとしても利用可能である。

FindBugs Eclipseプラグインを実行するには、Javaプロジェクト上で右クリックして、[バグを検索] - [バグを検索]を選択する。FindBugsを実行すると、バグと識別されたコード箇所に問題マーカが付き、Javaエディタやバグ・エクスプローラー・ビューに表示される。

FindBugsの動作をワークスペースごとにカスタマイズするには、Eclipseの[ウィンドウ]メニューから[設定]をクリックする。設定ダイアログが開くので、[Java] - [FindBugs]をクリックすると、FindBugsの設定項目が表示される。任意の項目を入力し、[OK]ボタンをクリックする。

FindBugsの動作をプロジェクト固有にカスタマイズするには、Javaプロジェクト上で右クリックし、メニューの[プロパティー]をクリックする。Javaプロジェクトのプロパティーダイアログが開くので、[FindBugs]をクリックすると、FindBugsの設定項目が表示される。任意の項目を入力し、[OK]ボタンをクリックする。

スポンサーリンク