データフロー図(DFD: data flow diagram)とは、情報システムを通るデータの流れを図で表したものであり、構造化システム分析・設計手法で使われる。

目次

DFDの目的

DFDの目的は、システムで扱うデータの流れを明確化すると共に、データ処理を可視化することにある。

そのため、目的によって概要レベルのDFDと詳細レベルのDFDなど、レベル分けしてDFDを描くことがある。

DFDの書き方

データフロー図(DFD)では、データの流れと処理を「外部実体」、「データストア」、「プロセス」及び「データフロー」の4つの要素で表現する。

要素 説明
外部実体 外部実体とは、モデル化されるシステムの外部に存在するデータの発生源(source)やデータの出力先(sink)である。
人間や外部システムを指す場合が多い。
データストア データストアはデータの永続的な保管場所を表す。
ファイルやデータベースなどである。
プロセス プロセスは処理を表す。
外部実体、データストア又は他のプロセスからデータを入力し、外部実体、データストア又は他のプロセスへデータを出力する。
データフロー データフローはデータの流れを矢印で表したものである。

DFDで使われる記号

データフロー図(DFD)には「Yourdon & DeMarco記法」と「Gane & Sarson記法」という2通りの記法がある。両者に大きな違いは無いが、Gane & Sarson記法には補足説明に便利な識別子の付け方が定義されている。

データフロー図の要素

DFDのサンプル

Yourdon & DeMarco記法で記述したデータフロー図(DFD)の例を次に示す。

Yourdon & DeMarco記法のデータフロー図

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク