CRUD図とは、データがどの機能で作成(Create)、参照(Read)、更新(Update)及び削除(Delete)されるかをマトリックス形式で表現したものである。

データモデル表現の標準的手法であるERモデルは静的モデルであるため、データが生成されたり、更新されたりするタイミングを表現できない。CRUD図はそれを補完する存在となる。

目次

CRUD図の書き方

CRUD図は機能とデータの作成、参照、更新、削除を表形式で表す。

CRUD図の書き方の例を示す。

CRUD図

エンティティ(データ)と機能が交差するマトリックスにCRUDの記号を記述する。CRUD表のマトリックスで使われる記号の意味を次の表に示す。

CRUD表のマトリックスで使われる記号
記号意味
Cデータが作成(Create)されることを表す。
Rデータが参照(Read)されることを表す。
Uデータが更新(Update)されることを表す。
Dデータが削除(Delete)されることを表す。

CRUD図のサンプル

CRUD図には標準化された規格がなく、その書き方にはさまざまなバリエーションがある。CRUD図の書き方のバリエーションを示す。

CRUD図

CRUD図

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク