CRUD図とは

CRUD図とは、データがどの機能で作成(Create)、参照(Read)、更新(Update)および削除(Delete)されるかを表形式で表わしたものである。CRUD表ともいう。

データモデル表現の標準的手法であるERモデルは静的モデルであるため、データが生成されたり、更新されたりするタイミングを表現できない。CRUD図はそれを補完する存在となる。

DBのSQL操作表

CRUD図は機能とデータの作成、参照、更新、削除を表形式で表す。

CRUD図の書き方の例を示す。

CRUD図

エンティティ(データ)と機能が交差するマトリックスにCRUDの記号を記述する。CRUD表のマトリックスで使われる記号の意味を次の表に示す。

CRUD表で使われる記号
記号意味
C データが作成(Create)されることを表わす。SQLINSERT に相当する。
R データが参照(Read)されることを表わす。SQLの SELECT に相当する。
Uデータが更新(Update)されることをわ表す。
Dデータが削除(Delete)されることを表わす。

CRUD図には標準化された規格がなく、その書き方にはさまざまなバリエーションがある。CRUD図の書き方のバリエーションを示す。

CRUD図

CRUD図

論理削除

レコードを削除するには、CRUDのDELETE操作を行う。

本当にレコードを削除する代わりに、削除フラグというカラム(列)を設けて TRUE または 1 を設定したものを削除済みレコードと見なす方法を「論理削除」という。英語ではSoft deleteまたはLogical deleteという。

論理削除はレコードを物理的に削除しないシステムである。意味的には削除となるが、実際には更新であるため、CRUD表では「D」ではなく「U」として扱う。