概要

SQL*Plusシステム変数の値または現在のSQL*Plus環境を表示するには、SHOW(短縮形はSHO)コマンドを実行する。

構文

SHOWコマンドの短縮形はSHOである。

SHOW option
SHO option

option には次のうちいずれかを指定する。

SHOW ERRORS

エラーの詳細を表示する。

SHO[W] ERR[ORS] [{FUNCTION | PROCEDURE | PACKAGE | PACKAGE BODY | TRIGGER | VIEW | TYPE | TYPE BODY | DIMENSION | JAVA CLASS} [schema.]name]

SHOW SGA

現在のシステム・グローバル領域(SGA)割り当てを表示する。

SHO[W] SGA
SQL> SHOW SGA

Total System Global Area  285212672 bytes
Fixed Size                  1287016 bytes
Variable Size              92277912 bytes
Database Buffers          188743680 bytes
Redo Buffers                2904064 bytes
SQL>

出力結果をスプールするかどうかを表示する

SHO[W] SPOO[L]

ユーザを表示する

SHOW USER
SQL> SHOW USER
ユーザーは"HORIUCHI"です。
SQL>
スポンサーリンク
SEO [PR] 爆速!無料ブログ 無料ホームページ開設 無料ライブ放送