SQL*Loaderは、CSVファイルなどのファイルからOracleデータベースにデータを取り込むコマンドである。

スポンサーリンク

使い方

sqlldr keyword=value [,keyword=value]...

keywordに指定できるキーワードを次表に示す。

キーワード 説明
bad 不良ファイル名を指定する。不良ファイルは、ロード中にエラーとなったレコードが出力されるファイルである。
bindsize バインド配列の最大サイズをバイト単位で指定する。
columnarrayrows 行数を指定してダイレクト・パス配列に割り当てる。
control 制御ファイル名を指定する。制御ファイルは、データのロード方法を記述したテキストファイルである。
data データファイル名を指定する。データファイルは、ロードするデータが入っているファイルである。
discard 廃棄ファイルのパス名を指定する。制御ファイルに指定されているレコード選択基準に一致しなかったレコードは、ロード対象から除外され、データベースのどの表にも挿入されない。これらのレコードは廃棄ファイルに格納される。
discardmax 廃棄レコードの最大数を指定する。廃棄レコードがの件数に達すると、ロードは中止される。
errors 許容するエラーの数を指定する。
log ログファイル名を指定する。ログファイルは、ロード処理に関するログ情報が出力されるファイルである。
readsize データファイルからデータを読み込む場合の読み取りバッファサイズを指定する。制御ファイルから読み込む場合は、常に64キロバイトである。
rows 1回にコミットする行数を指定する。
streamsize ダイレクト・パス・ストリームに対して、サイズをバイト単位で指定する。
userid Oracleのユーザ名とパスワードを指定する。

SQL*Loaderの実行例を示す。

sqlldr userid=marina/horiuchi, control=employee.ctl, data=employee.dat, log=employee.log, bad=employee.bad errors=0 rows=999
スポンサーリンク