DROP PROCEDUREは、データベースからストアド・プロシージャを削除するSQL文である。

DROP PROCEDUREはパッケージに含まれないスタンドアロン・プロシージャを削除するSQL文であり、パッケージに含まれるプロシージャは削除できない。パッケージに含まれるプロシージャを削除するにはDROP PACKAGE文でパッケージ自体を削除するか、CREATE OR REPLACE PACKAGE文でパッケージを再作成する。

構文

DROP PROCEDURE [schema.]procedure;
schema

削除するプロシージャを含むスキーマを指定する。自分のスキーマにあるプロシージャを削除する場合は、スキーマの指定を省略できる。

function

削除するプロシージャを指定する。

権限

自分のスキーマにあるプロシージャを削除するには、CREATE PROCEDUREシステム権限が必要である。任意のスキーマにあるプロシージャを削除するには、DROP ANY PROCEDUREシステム権限が必要である。

プロシージャを削除する例を示す。

SQL> DROP PROCEDURE set_ename;

プロシージャが削除されました。

SQL>
スポンサーリンク