CREATE SYNONYMはシノニムを作成するSQL文である。

目次

CREATE SYNONYMの構文

自分のスキーマ内にプライベート・シノニムを作成する。

CREATE SYNONYM synonym FOR [schema2.]object

他のユーザのスキーマ内にプライベート・シノニムを作成する。

CREATE SYNONYM schema.synonym FOR [schema2.]object

パブリック・シノニムを作成する。

CREATE PUBLIC SYNONYM synonym FOR [schema2.]object
schema

プライベートシノニムを作成するスキーマを指定する。自分のスキーマにプライベートシノニムを作成する場合は、スキーマの指定を省略できる。 パブリックシノニムはスキーマオブジェクトではないため、スキーマを指定することはできない。

synonym

作成するシノニムの名前を指定する。

schema2

シノニムを作成する対象のオブジェクトが存在するスキーマを指定する。自分のスキーマにあるオブジェクトが対象の場合は、スキーマの指定を省略できる。

object

シノニムを作成する対象のオブジェクトを指定する。シノニムは次のオブジェクトに対して作成することができる。

CREATE SYNONYMに必要な権限

自分のスキーマ内にプライベート・シノニムを作成する場合は、CREATE SYNONYMシステム権限が必要である。

他のユーザのスキーマ内にプライベート・シノニムを作成する場合は、CREATE ANY SYNONYMシステム権限が必要である。

パブリック・シノニムを作成する場合は、CREATE PUBLIC SYNONYMシステム権限が必要である。

DROP SYNONYMの使用例

CREATE SYNONYMの使用例を次に示します。

SQL> CONNECT admin/adm_passwd
SQL> GRANT SELECT ON admin.employee TO developer;
SQL> CREATE SYNONYM developer.emp FOR admin.employee;

admin.employeeというオブジェクト名をEMPという別名で扱うことができます。

SQL> CONNECT developer/dev_passwd
SQL> SELECT * FROM admin.employee;
SQL> SELECT * FROM emp;

関連SQL

このエントリーをはてなブックマークに追加