ALTER PACKAGEとは、パッケージを明示的に再コンパイルするSQL文である。

ALTER PACKAGEでパッケージ仕様部やパッケージ本体を変更することはできない。 パッケージ仕様部を変更するには、CREATE OR REPLACE PACKAGEを使用する。 パッケージ本体を変更するには、CREATE OR REPLACE PACKAGE BODYを使用する。

構文

パッケージ仕様部とパッケージ本体を再コンパイルする。

ALTER PACKAGE [schema.]package COMPILE [DEBUG]
ALTER PACKAGE [schema.]package COMPILE [DEBUG] PACKAGE

パッケージ仕様部のみ再コンパイルする。

ALTER PACKAGE [schema.]package COMPILE [DEBUG] SPECIFICATION

パッケージ本体のみを再コンパイルする。

ALTER PACKAGE [schema.]package COMPILE [DEBUG] BODY
schema

再コンパイルするパッケージが存在するスキーマの名前を指定する。自分のスキーマにあるパッケージを再コンパイルする場合は、スキーマ名の指定を省略できる。

package

再コンパイルするパッケージの名前を指定する。

DEBUG

PL/SQLデバッガで使用するためのコードを生成して格納する。

ALTER PACKAGE example COMPILE PACKAGE;
スポンサーリンク