Oracleデータベースの開発ツールであるSQL Developerのインストール方法や接続、SQL実行、実行計画の見方などを解説します。

Oracle SQL Developerとは、OracleデータベースをGUI(グラフィカル・ユーザ・インタフェース)で操作する開発ツールであり、無料で使用できる。OracleデータベースをCUI(キャラクタ・ユーザ・インタフェース)で操作するSQL*Plusのコマンドも(一部)使用できる。

SQL Developerのダウンロード

Oracle SQL Developerは、Oracle Technology Network Japanのサイトからダウンロードできる。

SQL Developerのインストール

Oracle SQL Developerをインストールするには、OTN Japanからダウンロードしたファイルを展開する。

SQL Developerの使い方

データベース接続を新規作成する

  1. 「ファイル」メニューの「新規」をクリックする。
  2. 「新規ギャラリ」ダイアログが開くので、「カテゴリ」の「接続」を選択する。
  3. 「アイテム」の「データベース接続」を選択して、「OK」ボタンをクリックする。
  4. 「データベース接続の作成/選択」ダイアログが開くので、接続に必要な項目を入力する。
  5. 「保存」ボタンをクリックして、データベース接続の設定を保存する。
  6. 「接続」ボタンをクリックすると、データベースに接続される。

保存済みのデータベース接続の設定は、「接続」ペインに表示される。次回からはこの接続設定を選択してデータベースと接続できる。

実行計画を出力する

実行計画を出力するには、データベースに接続した状態でSQL文にカーソルを置き、「実行計画」アイコンをクリックする。

実行計画の見方
実行計画 説明
TABLE ACCESS (FULL) 全表スキャン
HASH JOIN ハッシュ結合
HASH JOIN (RIGHT OUTER) ハッシュ結合

デバッグ

SQL Developerは、PL/SQLプロシージャ、ファンクション及びパッケージをデバッグする機能が備わっている。 デバッグではブレークポイントを設定したり、ステップ実行ができる。デバッグするにはデバッグモードでコンパイルする必要がある。

「残りの結合グラフから切断されています」と警告が表示されるとき

SQL Developerで「残りの結合グラフから切断されています」と警告が表示されることがある。これは、1対多のテーブル間の結合条件を、「多」」の方から先に記述していることが原因である。 ただし、この警告が表示されていても、SQLの動作には問題ない。

スポンサーリンク