Oracle Database 12cは試用または検証、開発、テストが用途であれば、無償でダウンロードしてインストールできる。ここではその手順を示す。

Enterprise EditionとStandard Editionの違い

Oracle Database 12cにはEnterprise EditionとStandard Editionという2つのエディションがある。

Standard Edition (SE)は小規模システムから中規模システムまでカバーし、4 CPUまで対応している。

Enterprise Edition (EE)は小規模システムから超大規模システムまでカバーし、8 CPUまで対応している。

Oracle Database 12cをダウンロードする際、どちらかのエディションを選択する。

Oracleのダウンロード手順

日本オラクルの公式サイトをWebブラウザで開く。

Oracleアカウントでサインインする。

Oracleのダウンロード

メニューから[ダウンロード] - [データベース] - [Oracle Database]を選択する。

Oracleのダウンロード

Oracle Database ソフトウェア・ダウンロードの画面が表示される。

Oracleのダウンロード

「OTNライセンスに同意する」にチェックを入れて、Oracle Database 12c Release 2からMicrosoft Windows x64 (64-bit)のFile1をクリックするとダウンロードが開始される。

File1をダウンロードしたら、Oraceのダウンロードは終了。

Oracleのインストール手順

www.oracle.comからダウンロードした圧縮ファイル(.zip)を展開する。

databaseフォルダにあるsetup.exeを実行する。

setup.exe

ユーザーアカウント制御(UAC)のダイアログボックスが表示されて、コンピューターへの変更を許可するか確認してくるので、「はい」を選択する。

ユーザーアカウント制御

Oracle Universal Installerが実行されるので、しばらく待つ。

Oracle Universal Installer

セキュリティ・アップデートの構成

Oracle Database 12cインストーラの画面が表示される。

Oracle Database 12cインストーラ

セキュリティの問題について通知を受け取る電子メールアドレスを入力する。電子メールアドレスは必須項目ではないので、入力を省略できる。

セキュリティアップデートをMy Oracle Support経由で受け取る場合はチェックを入れる。不要であればチェックを外してよい。

各項目を入力したら、「次へ」ボタンをクリックする。

電子メールアドレスを入力しなかった場合は警告が表示されるが、「はい」をクリックして次に進んでもよい。

警告

インストール・オプションの選択

インストールオプションを選択する。

インストール・オプションの選択

Oracle Database Enterprise Edition 12cのインストール後、引き続きデータベースを作成するには「データベースの作成および構成」を選択する。

インストールのみ行う場合は「データベース・ソフトウェアのみインストール」を選択する。

既にインストールされているデータベースをアップグレードするには「既存のデータベースをアップグレード」を選択する。

いずれかのインストールオプションを選択して「次へ」をクリックする。

データベース・インストール・オプションの選択

実行するデータベース・インストールのタイプを選択する。

データベース・インストール・オプションの選択

Oracle RAC (Real Application Clusters)を使用しなければ「単一インスタンス・データベースのインストール」を選択する。

Oracle RACを使用するのであれば「Oracle Real Application Clustersデータベースのインストール」か「Oracle RAC One Nodeデータベース・インストール」を選択する。

いずれかのインストールタイプを選択して「次へ」をクリックする。

データベース・エディションの選択

データベース・エディションを選択する。

データベース・エディションの選択

「Enterprise Edition」または「Standard Edition」を選択して「次へ」をクリックする。

Oracleホーム・ユーザーの指定

Oracleホーム・ユーザーを指定する。

Oracleホーム・ユーザーの指定

Windows 7およびWindows Server 2008 R2以降でサポートされたWindows仮想アカウントをOracleホーム・ユーザーにする場合は「仮想アカウントの使用」を選択する。

既にあるWindowsユーザをOracleホームユーザにするには「既存のWindowsユーザーの使用」を選択する。管理権限の無い標準Windowsユーザアカウントのみ指定できる。

新たにWindowsユーザを作成してOracleホームユーザにする場合は「新規Windowsユーザーの作成」を選択する。

Windows組込みアカウントをOracleホームユーザにするには「Windows組込みアカウントの使用」を選択する。

インストール場所の指定

インストール場所を指定する。

インストール場所の指定

インストール場所を指定したら「次へ」をクリックする。

前提条件チェックの実行

インストール要件を満たしているかチェックされるので、しばらく待つ。

前提条件チェックの実行

サマリー

インストールのサマリー(概要)が表示されるので、確認したら「インストール」ボタンをクリックする。

サマリー

製品のインストール

製品のインストールが始まるので、しばらく待つ。

製品のインストール

Oracleの機能がWindowsファイアウォールでブロックされているためWindowsセキュリティの重要な警告が出る。発行元がOracle Corporationであることを確認したら「アクセスを許可する」ボタンをクリックする。

Windowsセキュリティの重要な警告

終了

「Oracle Databaseのインストールが成功しました。」と表示されるのを確認したら、インストールは終了。

Oracle Databaseのインストールが成功しました

インストール・ログの確認

Oracleをインストールするとログファイルが作成される。インストール・ログの場所は C:\Program Files\Oracle\Inventory\logs である。

Oracle Universal Installerによる対話形式でインストールした場合は、次の3つのログファイル作成される。

インストール時にエラーが発生した場合は、ログファイルを参照して原因を探る。