Markdownとは、HTMLタグより簡単にブログやWiki、GitHubやGitLabで使われるREADME.mdを書ける軽量マークアップ言語です。このMarkdown記法について解説します。

Markdownとは

Markdownとは、軽量マークアップ言語のひとつである。HTMLのように構造化されたテキストを、より簡潔に記述できる。

たとえば、次のようなHTMLがあったとする。

<h1>Markdownとは</h1>
<p>Markdownは軽量マークアップ言語のひとつです。</p>
<p>HTMLのように構造化されたテキストを、より<strong>簡潔</strong>に記述できます。</p>
<ul>
  <li>構造化されたテキストを記述できる</li>
  <li>HTMLより簡潔に記述できる</li>
  <li>覚えやすい</li>
</ul>

これをMarkdownでは次のように記述する。

# Markdownとは

Markdownは軽量マークアップ言語のひとつです。

HTMLのように構造化されたテキストを、より **簡潔** に記述できます。

- 構造化されたテキストを記述できる
- HTMLより簡潔に記述できる
- 覚えやすい

見出し

Markdownにおいて、見出しは次のように記載する。

# header1
## header2
### header3
#### header4
##### header5
###### header6

これらのMarkdownは、次のHTMLに相当する。

<h1>header1</h1>
<h2>header2</h2>
<h3>header3</h3>
<h4>header4</h4>
<h5>header5</h5>
<h6>header6</h6>

段落

Markdownにおいて、空行で区切られたテキストは段落になる。

Markdownは軽量マークアップ言語のひとつです。
HTMLのような構造化文書を、より簡潔に記述できます。

軽量マークアップ言語には、ほかにもTextileなどがあります。

Markdownは軽量マークアップ言語のひとつです。
HTMLのような構造化文書を、より簡潔に記述できます。

軽量マークアップ言語には、ほかにもTextileなどがあります。

このMarkdownは、次のHTMLに相当する。

<p>Markdownは軽量マークアップ言語のひとつです。<br>HTMLのような構造化文書を、より簡潔に記述できます。</p>
<p>軽量マークアップ言語には、ほかにもTextileなどがあります。</p>

順序なしリスト

Markdownにおいて、順序なしリストは次のように記載する。

- item1
- item2
- item3

このMarkdownは、次のHTMLに相当する。

<ul>
  <ul>item1</ul>
  <ul>item2</ul>
  <ul>item3</ul>
</ul>

順序なしリストを階層化するには、インデント(字下げ)をすればよい。

- item1
  - item1.1
  - item1.2
- item2
- item3

順序ありリスト

Markdownにおいて、順序ありリストは次のように記載する。

1. item1
1. item2
1. item3

数字は何でもよい。入力のしやすさや修正の容易さからいえば、すべて1にするのが簡単である。見やすさからいえば、数字を変えた方がよい。

1. item1
2. item2
3. item3
  1. item1
  2. item2
  3. item3

このMarkdownは、次のHTMLに相当する。

<ol>
  <ul>item1</ul>
  <ul>item2</ul>
  <ul>item3</ul>
</ol>

順序ありリストを階層化するには、インデント(字下げ)をすればよい。

1. item1
  1. item1.1
  1. item1.2
1. item2
1. item3
  1. item1
    1. item1.1
    2. item1.2
  2. item2
  3. item3

リンク

Markdownにおいて、リンク(アンカー)は次のように記載する。

[SE学院](http://itref.fc2web.com/)

SE学院

このMarkdownは、次のHTMLに相当する。

<a href="http://itref.fc2web.com/">SE学院</a>

強調

Markdownにおいて、強調は次のように記載する。

Markdownの **強調** はこのように記載します。

Markdownの強調はこのように記載します。

このMarkdownは、次のHTMLに相当する。

Markdownの<strong>強調</strong>はこのように記載します。

関連記事