概要

Windowオブジェクトは、画面上に表示されているすべてのオブジェクトの親となるオブジェクトであり、JavaScriptのオブジェクト階層の最上位に位置する。<script>と</script>の間ではwindow.は省略できる。例えば、window.alert()alert()と記述できる。

プロパティ

windowオブジェクトのプロパティ一覧
プロパティ 説明
closed ウィンドウが閉じられているかどうか
defaultStatus ステータスバーにデフォルトのテキストを設定するかどうか
document ウィンドウのDocumentオブジェクト
frames すべてのフレームの配列
history Historyオブジェクト
innerHeight ウィンドウのコンテンツ領域の内側の高さ
innerWidth ウィンドウのコンテンツ領域の内側の幅
jQuery jQuery
length ウィンドウのフレーム数
localStorage ローカルストレージ用Storageオブジェクト。HTML5で追加されたプロパティ。
location Locationオブジェクト
name ウィンドウの名前
navigator Navigatorオブジェクト
opener 親ウィンドウへの参照
outerHeight ウィンドウの外側の高さ
outerWidth ウィンドウの外側の幅
pageXOffset ウィンドウの左端から水平方向にスクロールされたピクセル数
pageYOffset ウィンドウの状態から垂直方向にスクロールされたピクセル数
parent ウィンドウの親
screen Screenオブジェクト
screenLeft スクリーン対するウィンドウのX座標
screenTop スクリーン対するウィンドウのY座標
screenX スクリーン対するウィンドウのX座標
screenY スクリーン対するウィンドウのY座標
self 現在のウィンドウ
sessionStorage セッションストレージ用Storageオブジェクト。HTML5で追加されたプロパティ。
status ウィンドウのステータスバーのテキスト
top ウィンドウの上端
XDomainRequestIE8及びIE9におけるHTTP access control (CORS)の実装

メソッド

windowオブジェクトのメソッド一覧
メソッド 説明
alert 警告ダイアログの表示(OKボタンのみ)
blur 現在のウィンドウからフォーカスを外す。
clearInterval setIntervalメソッドで設定したタイマをクリアする。
clearTimeout setTimeoutメソッドで設定したタイマをクリアする。
close 現在のウィンドウを閉じる。
confirm 確認ダイアログの表示(OKボタンとキャンセルボタン)
createPopup ポップアップウィンドウを作成する。
focus 現在のウィンドウにフォーカスを設定する。
moveBy 現在の位置からウィンドウを移動する。
moveTo 指定の位置へウィンドウを移動する。
open ウィンドウを開く。
print 現在のウィンドウの内容をプリントする。
prompt 文字列入力ダイアログの表示
resizeBy ウィンドウをリサイズ
resizeTo ウィンドウをリサイズ
scrollBy コンテンツをスクロール
scrollTo コンテンツをスクロール
setInterval 指定した間隔で関数の呼び出し又は式の評価を行う。
setTimeout 指定した時間が経過した後、関数の呼び出し又は式の評価を行う。

ブラウザの対応状況

このページを閲覧しているウェブブラウザの対応状況を示す。

プロパティ 対応状況
window.jQuery
window.localStorage
window.sessionStorage
window.XDomainRequest

window.sessionStorage

sessionStorageはセッションストレージ用Storageオブジェクトで、HTML5で追加されたプロパティである。

// ウェブストレージに対応している?
if (window.sessionStorage) {
  var ss = window.sessionStorage;
  console.log(ss);
}
    

window.blur

window.blur()
blur()

window.close

window.close()
close()

window.confirm

window.confirm(message)
confirm(message)

確認を行うために、ダイアログボックスを表示する。OK ボタンがクリックされたらtrueを、キャンセルボタンがクリックされたらfalseを返す。

confirm()を使ったJavaScriptの使用例とサンプルを示す。まず、以下の関数を<head>と</head>の間か外部ファイルに定義する。

function confirm_test() {
    if (confirm("よろしいですか?")) {
        alert("OKがクリックされました。");
    } else {
        alert("キャンセルがクリックされました。");
    }
}

次に、HTML文書にJavaScriptを呼び出すボタンを配置する。

<form method="post">
    <input type="button" value="確認" onclick="confirm_test()">
</form>

このボタンをクリックすると、確認ダイアログが開く。

window.focus

window.focus()
focus()

window.moveBy

window.moveBy(x, y)
moveBy(x, y)
x

ウィンドウを水平方向に移動させるピクセル単位の大きさを指定する。正の数の場合は右方向、負の数の場合は左方向に移動させる。

y

ウィンドウを素直方向に移動させるピクセル単位の大きさを指定する。正の数の場合は下方向、負の数の場合は上方向に移動させる。

window.moveTo

moveToメソッドはウィンドウの位置を移動する。

window.moveTo(x, y)
moveTo(x, y)
x
X座標
y
Y座標
var win = window.open(url, "", "menubar=yes,toolbar=no");
win.moveTo(0, 0);

promptメソッド

window.prompt(message [,default])
prompt(message [,default])

文字列を入力するためのダイアログを表示する。第1引数には入力を促すメッセージを指定する。第2引数には入力文字列の初期値を指定する。第2引数は省略可能である。

OKボタンがクリックされたら、入力された文字列が戻り値として返される。キャンセルボタンがクリックされたら、戻り値としてnullが返される。

prompt()を使ったJavaScriptの使用例とサンプルを示す。まず、以下の関数を<head>と</head>の間か外部ファイルに定義する。

function prompt_test() {
    str = prompt("文字列を入力してください", "ここに文字列を入力");
    alert("入力された文字列は「" + str + "」です。");
}

次に、HTML文書にJavaScriptを呼び出すボタンを配置する。

<button onclick="prompt_test()">文字列入力ダイアログを開く</button>

このボタンをクリックすると、文字列入力ダイアログが開く。

window.resizeBy

window.resizeBy(x, y)
resizeBy(x, y)

window.resizeTo

window.resizeTo(width, height)
resizeTo(width, height)

window.scrollBy

window.scrollBy(x, y)
scrollBy(x, y)

window.scrollTo

window.scrollTo(x, y)
scrollTo(x, y)

window.clearTimeout

window.clearTimeout(id)
clearTimeout(id)

window.setTimeout

window.setTimeout(func, delay [,param ...])
setTimeout(func, delay [,param ...])