Google Apps Script (GAS)とは、JavaScriptでGmailやGoogleスプレッドシートなどのGoogle Appsを操作できるスクリプトである。Microsfot OfficeにおけるVBAに相当する。

目次

GoogleスプレッドシートからGASを編集する

GoogleスプレッドシートからGoogle Apps Script (GAS)を編集するには、「ツール」メニューの「スクリプトエディタ」をクリックしてスクリプトエディタを起動する。

「無題のプロジェクト」のコード.jsが編集できるようになり、最初は次のコードになっている。

function myFunction() {

}

スプレッドシートを取得する

Google Apps Script (GAS)からGoogleスプレッドシートを操作するには、まず操作対象となるスプレッドシートのオブジェクトを取得する必要がある。

現在アクティブなスプレッドシートのスプレッドシートオブジェクトを取得するには、SpreadsheetAppオブジェクトのgetActiveSpreadsheetメソッドを使う。

var spreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();

シートを取得する

シートのオブジェクトを取得するには、次の方法がある。

アクティブなシートを取得する

現在アクティブなシートを取得するには、SpreadsheetAppオブジェクトのgetActiveSheetメソッドを使う。

var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();

シート名を指定してシートを取得する

シート名を指定してシートを取得するには、スプレッドシートオブジェクトのgetSheetByNameメソッドを使う。

var spreadsheet = SpreadsheetApp.getActiveSpreadsheet();
var sheet = spreadsheet.getSheetByName('シート1');

セルを取得する

Google Apps Script (GAS)でセルを取得するには、次の方法がある。

アドレスを指定してセルを取得する

「A1」や「B2」のようなアドレスを指定してセルを取得するには、シートオブジェクトのgetRangeメソッドを使う。

var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
var cell = sheet.getRange('A1');

行番号と列番号を指定してセルを取得する

行番号と列番号を指定してセルを取得するには、シートオブジェクトのgetRangeメソッドを使う。数値で指定できるので、ループ処理に便利である。

sheet.getRange(line, column)
line
1から始まる行番号
column
1から始まる列番号
var sheet = SpreadsheetApp.getActiveSheet();
var cell = sheet.getRange(1, 2);

Google Apps Scriptでログを出力する

Google Apps Script (GAS)からログを出力するには、Loggerオブジェクトのlogメソッドを使う。

Logger.log('message');

書式を指定してログを出力することもできる。

Logger.log('message %s', 1);
このエントリーをはてなブックマークに追加