JavaScriptでEventオブジェクトを生成するには、document.createEvent()メソッドを使う。

概要

Eventオブジェクトを作成する。JavaScriptでは、次の手順でイベントを発生させることができる。

  1. document.createEventでイベントを作成する。
  2. Event.initEventでイベントを初期化する。
  3. element.dispatchEventで要素にイベントを送る。

IE8 Microsoft Internet Explorer 8ではdocument.createEventを使用できないので、document.createEventObjectやElement.fireEventを使用する。

構文

document.createEvent(type)
type

イベントタイプを指定する。

イベントタイプ
イベントタイプ イベント
HTMLEvents load, unload, abort, error, select, change, submit, reset, focus, blur, resize, scroll
MouseEvents click, mousedown, mouseup, mouseover, mouseup, mouseout
MutationEvents DOMSubtreeModified, DOMNodeInserted, DOMNodeRemoved, DOMNodeRemovedFromDocument, DOMNodeInsertedIntoDocument, DOMAttrModified, DOMCharacterDataModified
UIEvents DOMFocusIn, DOMFocusOut, DOMActivate

戻り値

document.createEvent()は、新しく生成したEventオブジェクトを返す。

document.createEventのサンプル

document.createEventの使用例を示す。

var event = document.createEvent('change');
このエントリーをはてなブックマークに追加