java.utilパッケージのインタフェース
クラス 説明
Iterator<E>
List<E> 順序づけられたコレクション
Map
Map.Entryr<K, V>インタフェース
java.utilパッケージのクラス
クラス 説明
Date
HashMap Mapインタフェースに基づいたハッシュテーブル
Properties
Random

java.utilパッケージは、様々なユーティリティクラスを提供します。

java.util.ArrayList

java.util.ArrayList<E>のコンストラクタは初期サイズとして、要素を10個格納できるArrayListを作成する。Eにはクラス名を指定する。EにはJava変数の基本型を指定することはできない。基本型のArrayListを作成したい場合は、Java変数の基本型に対応したラッパークラスを指定する。

Java変数の基本型に対応するクラス
基本型 クラス
boolean Boolean
byte Byte
char Character
short Short
int Integer
long Long
float Float
double Double
ArrayList<Integer> intArray = new ArrayList<Integer>();
ArrayList<String> strArray = new ArrayList<String>();

ArrayListに値を格納するにはaddメソッドを使用する。

public boolean add(E o)

指定した要素をリストの最後に追加する。

java.util.Properties

プロパティファイルとは、様々な設定値を格納したテキストファイルのことです。テキストファイルの中身は プロパティ=値 の形式で記述します。例として、プロパティファイル sample.properties の中身を次に示します。

host=localhost
port=9199
user=scott
password=tiger

プロパティを表すクラスとしてPropertiesクラスがあります。loadメソッドを用いてプロパティファイルを読み込みます。必要なプロパティの値はgetPropertyメソッドで取得することができます。

Properties p = new Properties();
FileInputStream fis = new FileInputStream("sample.properties");
p.load(fis);
String host = p.getProperty("host");

プロパティファイルを配置するディレクトリは、はJavaのクラスパスに設定しなければなりません。

java.util.Random

乱数を生成するには、 Random クラスのインスタンスを生成して、各種メソッドを呼び出します。

乱数を生成するメソッドは、生成する数の型によっていろいろ用意されています。

int 型の乱数を生成するには、 Random.nextInt() メソッドを使用します。

int nextInt(int n)

0以上 n 未満の乱数を戻します。生成される数は整数です。

double 型の乱数を生成するには、 Random.nextDouble() メソッドを使用します。

double nextDouble()

0以上1.0未満の乱数を戻します。生成される数は実数です。

boolean 型の乱数を生成するには、 Random.nextBoolean() メソッドを使用します。

boolean nextBoolean()

true または false をランダムに戻します。

0から99までの乱数を生成するJavaソースコードの例を次に示します。

Random random = new Random();
int n = random.nextInt(100);

java.util.Random クラス以外にも、java.lang.Mathクラスの random() メソッドを使用して乱数を生成することができます。こちらは static なスレッドのため、クラスをインスタンス化する必要はありません。

java.util.concurrent.TimeUnit列挙型

TimeUnitの定数
定数 説明
DAYS
HOURS
MINUTES
SECONDS
MILLISECONDS ミリ秒
MICROSECONDS マイクロ秒
MANOSECONDS ナノ秒

java.util.Set<E>インタフェース

Setインタフェースは重複要素のないコレクションである。

スポンサーリンク