Apache Mavenとは、ソフトウェア開発環境を管理・統合するプロジェクト管理ツールである。Mavenを使うことで、開発環境の構築にかかる手間を短縮することができる。

Mavenのインストール

前提条件として、Maven 3.2を実行するにはJDK 1.6以上がインストールされ、環境変数JAVA_HOMEが設定されている必要がある。

  1. Apache Maven ProjetのWebサイトからMavenをダウンロードする。
  2. ダウンロードしたZIPファイルを任意のフォルダに展開する。
  3. 展開した場所のbinフォルダのパスを環境変数PATHに追加する。

Mavenの実行

mvn [option ...] [goal] [phase]
mvnのオプション
OptionDescription
-P argアクティベートするプロファイルのリストをカンマ区切りで指定する。
-hヘルプ情報を表示する。
-vバージョン情報を表示する。

プロジェクトの作成

Mavenでは、全てのソースコードや設定ファイルをプロジェクトと呼ばれるディレクトリ/フォルダで管理する。従って、Mavenで開発環境を構築するには、まずプロジェクトを作成する必要がある。プロジェクトを作成するには、コマンドライン/コマンドプロンプトから mvn archetype:generate というコマンドを実行する。

プロジェクトが生成されたディレクトリ/フォルダには、pom.xmlというファイルが存在する。pom.xmlは、プロジェクトに関する情報をXML形式で記述したファイルである。

設定ファイル

Unix: ~/.m2/setting.xml

Windows: %HOMEPATH%\.m2\settings.xml

EclipseからMavenを利用するためには、ローカルリポジトリの場所を表す変数であるM2_REPOを設定する。M2_REPOの設定はmvnコマンドで行える。

mvn -Declipse.workspace=path eclipse:add-maven-repo
path

ローカルリポジトリのパス

WindowsのコマンドプロンプトからM2_REPOを設定する例を示す。

C:\> mvn -Declipse.workspace="C:\Users\marina\.m2\repository eclipse:add-maven-repo

Mavenのコマンド

ローカルリポジトリへのインストール

JARファイルをローカルリポジトリにインストールするには、次のコマンドを実行する。

mvn install

作成したJARファイルはローカルリポジトリにインストールすることで、ローカルにある他のプロジェクトから参照することができるようになる。

プロジェクトのクリーン

プロジェクトをクリーン(作成したファイルを削除)するには、次のコマンドを実行する。

mvn clean

このコマンドを実行すると、targetディレクトリが削除される。

Eclipseプロジェクトファイルの削除

Eclipseプロジェクトファイルを削除するには、次のコマンドを実行する。

mvn eclipse:clean

Eclipseプロジェクトの作成

Eclipseでインポート可能なプロジェクトファイルを生成するには、次のコマンドを実行する。

mvn eclipse:eclipse

パッケージを作成する

JAR、WAR又はEARなどのパッケージをMavenで作成するには、次のコマンドを実行する。

mvn package

コマンドを実行すると、targetディレクトにパッケージが作成される。作成されるパッケージのファイル名は${artifact}-${version}.${packaging}である。pom.xmlでfinalNameを設定した場合、ファイル名は${finalName}.${packaging}となる。

スポンサーリンク