JARとは、Javaのバイトコードやそれらが使用するリソースがZIP形式で圧縮されたファイル、及びそのツールである。ファイルの拡張子には.jarが使われる。

類似する圧縮ファイルとして、ウェブアプリケーションをまとめたWAR (Web Application Archive)やEJBアプリケーションをまとめたEAR (Enterprise Archive)がある。

JARファイルはZIPファイルとほぼ同じであるが、ディレクトリ内にマニフェストと呼ばれるメタ情報が格納されている。 このメタ情報はJARファイルを扱うJavaのツールが解釈する。マニフェストは「META-INF/MANIFEST.MF」というファイル名前である。

スポンサーリンク

構文

アーカイブを新規作成する。

jar c[vfmOMi] [jar] [manifest] [-C dir] file ...

アーカイブの内容を一覧表示する。

jar t[vfmOMi] [jar] [manifest] [-C dir] file ...

指定の(またはすべての)ファイルをアーカイブから抽出(解凍)する。

jar x[vfmOMi] [jar] [manifest] [-C dir] file ...

既存アーカイブを更新する。

jar u[vfmOMi] [jar] [manifest] [-C dir] file ...
v

標準出力に詳細を出力する。

f

アーカイブファイルを指定する。

m

manifestで指定したファイルからマニフェスト情報を取り込む。

jar

JARのファイル名を指定する。

manifest

マニフェストファイルを指定する。mオプションと共に指定する。

file

JARに追加又は更新するファイルを指定する。空白で区切って複数指定できる。

Example.classとexample.propertiesからexample.jarを新規作成する。

jar cvf example.jar Example.class example.properties

example.jarにfoo/bar/baz.jpgが含まれていなければ追加する。example.jarにfoo/bar/baz.jpgが既に含まれていれば、example.jar内のfoo/bar/baz.jpgを置き換える。

jar uf example.jar foo/bar/baz.jpg

example.jarを解凍する。

jar xvf example.jar
スポンサーリンク