Javaのbreakとは、繰り返し(for、while、do while)や条件分岐(switch、if)ブロックから抜け出すための制御文です。この記事ではbreakの使い方をご紹介します。

for

for (int i = 0; i < 10; i++) {
  break;
}

while

int i = 0;
while (i < 10) {
  break;
}

do

int i = 0;
do {
  break;
} while (i < 10)

switch

int i = 0;
switch (i) {
  case 0:
    break;
  default:
    break;
}

ネスト

Javaにはラベル無しのbreak文とラベル有りのbreak文がある。

ラベル無しのbreakは、break文を含むもっとも内側の制御文(for、while、do while、switch)を抜け出して終了する。

package com.fc2web.itref;
public class Example {
  public static void main(String[] args) {
    int i, j = 0;
    for (i = 0; i < 10; i++) {
      for (j = 0; j < 10; j++) {
        if (5 == j) {
          break;
        }
      }
    }
    System.out.println("i = " + i + ", j = " + j);
  }
}

上記プログラムの実行結果を示す。

i = 10, j = 5

ラベル

ラベル有りのbreak文は、ラベルを付けた制御文を抜けることができる。

package com.fc2web.itref;
public class Example {
  public static void main(String[] args) {
    int i, j = 0;
    outside: for (i = 0; i < 10; i++) {
      for (j = 0; j < 10; j++) {
        if (5 == j) {
          break outside;
        }
      }
    }
    System.out.println("i = " + i + ", j = " + j);
  }
}

上記プログラムの実行結果を示す。

i = 0, j = 5

continue