スポンサーリンク

Javaでは、複数のデータを扱うためのデータ構造として配列、リスト及びマップがある。それぞれの特徴を次表に示す。

配列 リスト マップ
生成時に要素の数を決める必要があるか Yes No No
生成後に要素の数を変更できるか No Yes Yes
順序付けられているか Yes Yes No

配列

配列を宣言する構文を次に示します。

データ型 変数名[];

配列を初期化する構文を次に示します。

変数名 = new データ型[要素の数];

配列の宣言と初期化を行う例を次に示します。

int a[];
a = new int[10];

1行にまとめて記述することもできます。

int a[] = new int[10];

初期値を与えて初期化する方法もあります。初期値で与えた値の数だけ要素が作成されます。

データ型 変数名[] = { カンマで区切った値のリスト };
int a[] = { 1, 2, 3 };

配列の要素の数を知るには、変数名.length を参照します。

int i = a.length;

配列をコピーするには、System.arraycopy メソッドを使用します。

arraycopy(Object src, int srcPos, Object dest, int destPos, int length)

オブジェクトの配列 src から dest にコピーします。

int a[] = { 1, 2, 3 };
int b[] = new int[3];

System.arraycopy(a, 0, b, 0, a.length);

Array

java.util.Arrayは配列を操作するクラスである。

配列の中に一致する要素があるか調べる。

String[] s = { "foo", "bar", "baz" };
if (Arrays.asList(s).contatins("bar")); {
	// 存在する
} else {
	// 存在しない
}

リスト

空のリストを生成するには、java.util.Collections#emptyListを使う。

List<String> stringList = Collections.emptyList();
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサーリンク