このドキュメントでは HTML 4.01 Transitional 固有の HTML タグを解説します。 これらの HTML タグは HTML 4.01 Strict や XHTML 1.0 では廃止されました。 主に見栄えに関する指定を行うタグで、HTML 4.01 Strict や XHTML 1.0 では、代わりにCSSスタイルシートや他の HTML タグの使用が推奨されています。

<BASEFONT>

このタグ位置以降の文字の大きさや色、フォント(書体)を指定します。

スタイルシート属性でも同様の指定を行えます。文字の色は color、書体は font-family、サイズは font-size で指定します。

basefont要素はHTML 4.01 Strictで廃止された。互換性のためにHTML 4.01 Transitionalに残されている。XHTML 1.0やHTML5にも存在しない。

書式

<BASEFONT color="色" size="大きさ" face="書体"></BASEFONT>

終了タグは省略することができます。

内容モデル

BASEFONT 要素の内容モデルは空です。つまり、開始タグと終了タグの間には何の要素も現れません。開始タグに続いて終了タグが現れるだけです。

属性

color
色を指定します。色の指定方法は「色の指定方法とカラーチャート」のリンク先をご覧ください。スタイルシート属性 color で指定することもできます。
size
文字のサイズを指定します。文字の大きさは1〜7の絶対値で指定するか、+1や-1などの相対値で指定します。フォントの大きさの規定値は3です。
face
文字のフォント(書体)を指定します。指定できるフォントは、HTMLタグfontやスタイルシート属性font-familyと同じです。カンマで区切って優先順に指定でき、ブラウザで表示可能なフォントで表示されます。

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 BASEFONT 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

<DIR>

開始タグと終了タグに囲まれた文字列がディレクトリリスト (directory list) の項目であることを示します。

<DIR> は HTML 4.01 transitional で使用できるタグです。 HTML 4.01 strict や XHTML では廃止されました。 <ul> で代用できます。

書式

<DIR [attribute=value ...] content-model </DIR>

属性

属性は全て省略可能です。

compact
コンパクト表示を指定します。

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 DIR 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

使用例

DIR 要素の使用例と表示サンプルを次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

<dir>
 <li>first</li>
 <li>second</li>
 <li>third</li>
</dir>
  • first
  • second
  • third
  • <MENU>

    開始タグと終了タグに囲まれた文字列がメニューリスト (menu list) の項目であることを示します。

    <MENU> は HTML 4.01 transitional で使用できるタグです。 HTML 4.01 strict や XHTML では廃止されました。 <ul> で代用できます。

    書式

    <MENU [attribute=value ...] content-model </MENU>

    属性

    属性は全て省略可能です。

    compact
    コンパクト表示を指定します。

    DTD

    HTML の各要素は DTD によって定義されています。 MENU 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

    使用例

    MENU 要素の使用例と表示サンプルを次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

    <menu>
     <li>first</li>
     <li>second</li>
     <li>third</li>
    </menu>
    
  • first
  • second
  • third
  • <S>

    開始タグと終了タグに囲まれた文字列に下線を引きます。

    <S> は HTML 4.01 transitional で使用できるタグです。 HTML 4.01 strict や XHTML では廃止されました。 <del> またはスタイルシート属性 text-decoration で代用できます。

    書式

    <S [attribute=value ...] content-model </S>

    開始タグと終了タグは省略できません。

    内容モデル

    開始タグと終了タグの間には任意数のインライン要素が現れます。

    属性

    属性はすべて省略可能です。

    DTD

    HTML の各要素は DTD によって定義されています。 S 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

    使用例

    S 要素の使用例と表示サンプルを次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

    Extensible <S>HyperText</S> Markup Language

    Extensible HyperText Markup Language

    <STRIKE>

    開始タグと終了タグに囲まれた文字列に下線を引きます。

    <STRIKE> は HTML 4.01 transitional で使用できるタグです。 HTML 4.01 strict や XHTML では廃止されました。 <del> またはスタイルシート属性 text-decoration で代用できます。

    書式

    <STRIKE [attribute=value ...] content-model </STRIKE>

    開始タグと終了タグは省略できません。

    内容モデル

    開始タグと終了タグの間には任意数のインライン要素が現れます。

    属性

    属性はすべて省略可能です。

    DTD

    HTML の各要素は DTD によって定義されています。 STRIKE 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

    使用例

    STRIKE 要素の使用例と表示サンプルを次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

    Extensible <STRIKE>HyperText</STRIKE> Markup Language

    Extensible HyperText Markup Language

    <U>

    開始タグと終了タグに囲まれた文字列に下線を引きます。

    <U> は HTML 4.01 transitional で使用できるタグです。 HTML 4.01 strict や XHTML では廃止されました。 スタイルシート属性 text-decoration で代用できます。

    書式

    <U [attribute=value ...] content-model </U>

    開始タグと終了タグは省略できません。

    内容モデル

    開始タグと終了タグの間にはインライン要素を含めることができます。

    属性

    属性はすべて省略可能です。

    DTD

    HTML の各要素は DTD によって定義されています。 U 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

    使用例

    U 要素の使用例と表示サンプルを次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

    Extensible <u>HyperText</u> Markup Language

    Extensible HyperText Markup Language