この文書では、フレーズに関するHTMLタグについて説明します。フレーズは太文字や斜体などで表示されます。フォントスタイルに関するHTMLタグは文字の見かけを変えるだけですが、フレーズは何らかの意味を持つ単語(文字列)であることを表します。

<EM>

開始タグ <em> と終了タグ </em> に囲まれた文字列を強調します。

書式

<EM [attribute=value ...] content-model </EM>

開始タグと終了タグの間にはインライン要素を含めることができます。終了タグは省略できません。属性はすべて省略可能です。

DTD

HTMLタグ <em> の使用例と表示サンプルを次に示します。

文字列を <em>強調</em> します。

文字列を 強調 します。

<STRONG>

開始タグ <strong> と終了タグ </strong> で囲まれた文字列を強調します。<em> より強い強調を表します。強調された単語はブラウザで表示したときに太文字などで表示されます。

書式

<STRONG [attribute=value ...] content-model </STRONG>

開始タグと終了タグの間にはインライン要素を含めることができます。終了タグは省略できません。属性はすべて省略可能です。

DTD

HTMLタグ <strong> の使用例と表示サンプルを次に示します。

文字が<stron>強調表示</strong>されます。

文字が強調表示されます。

<DFN>

開始タグ <dfn> と終了タグ </dfn> に囲まれた文字列が定義語 (definition) であることを示します。用語がドキュメントで最初に出現したときに定義語とします。

書式

<dfn id="ID" class="クラス" style="スタイル" title="タイトル" lang="言語" dir="方向" onclick="スクリプト" ondblclick="スクリプト" onmousedown="スクリプト" onmouseup="スクリプト" onmouseover="スクリプト" onmousemove="スクリプト" onmouseout="スクリプト" onkeypress="スクリプト" onkeydown="スクリプト" onkeyup="スクリプト" > ... </dfn>

開始タグと終了タグの間にはインライン要素を含めることができます。終了タグは省略できません。属性はすべて省略可能です。

DTD

HTMLタグ <dfn> の使用例と表示サンプルを次に示します。

<dfn>dfn要素タイプ</dfn>は定義語であることを指定します。

dfn要素タイプは定義語であることを指定します。

<CODE>

開始タグ <code> と終了タグ </code> で囲まれた文字列がプログラムのコードであることを表します。通常、等幅フォントで表示されます。

書式

<CODE [attribute=value ...] content-model </CODE>

開始タグと終了タグの間にはインライン要素を含めることができます。終了タグは省略できません。属性はすべて省略可能です。

DTD

HTMLタグ <code> の使用例と表示サンプルを次に示します。

<code>printf("Hello World");</code>

printf("Hello World");

<SAMP>

開始タグ <samp> と終了タグ </samp> で囲まれた文字列がプログラムの出力サンプル(Sample)であることを表します。

書式

<SAMP [attribute=value ...] content-model </SAMP>

開始タグと終了タグの間にはインライン要素を含めることができます。終了タグは省略できません。属性はすべて省略可能です。

DTD

HTMLタグ <samp> の使用例と表示サンプルを示します。

プログラムを実行すると <samp>Hello World</samp> と出力されます。

プログラムを実行すると Hello World と出力されます。

<KBD>

開始タグ <kbd> と終了タグ </kbd> で囲まれた文字列がキーボード(Keyboard)から入力する文字であることを表します。通常、ブラウザで固定幅フォントで表示されます。

書式

<KBD [attribute=value ...] content-model </KBD>

開始タグと終了タグの間にはインライン要素を含めることができます。終了タグは省略できません。属性はすべて省略可能です。

DTD

HTMLタグ <kbd> の使用例と表示サンプルを次に示します。

プログラムを中断するには <kbd>exit</kbd> と入力します。

プログラムを中断するには exit と入力します。

<VAR>

開始タグ <var> と終了タグ </var> で囲まれた文字列が変数(Variable)であることを表します。

書式

<VAR [attribute=value ...] content-model </VAR>

開始タグと終了タグの間にはインライン要素を含めることができます。終了タグは省略できません。属性はすべて省略可能です。

DTD

HTMLタグ <var> の使用例と表示サンプルを次に示します。

変数 <var>argv[1]</var> には対象となるファイル名が格納されています。

変数 argv[1] には対象となるファイル名が格納されています。

<CITE>

開始タグ <cite> と終了タグ </cite> で囲まれた文字列が他の書籍名やサイト名である(Citation)ことを表します。

書式

<CITE [attribute=value ...] content-model </CITE>

開始タグと終了タグは省略できません。開始タグと終了タグの間にはインライン要素が任意回数表れます。

属性

属性はすべて省略可能です。

DTD

HTMLタグ <cite> の使用例と表示サンプルを次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

詳しくは <cite>マスタリング TCP/IP 入門編</cite> を参照してください。

詳しくは マスタリング TCP/IP 入門編 を参照してください。

<ABBR>

<ABBR>タグは<ACRONYM>タグと同様に、単語の頭文字からなる略語 (abbreviation) であることを表します。 例えば、HTML (Hyper Text Markup Language) や WWW (World Wide Web) などです。

書式

<abbr id="ID" class="クラス" style="スタイル" title="タイトル" lang="言語" dir="方向" onclick="スクリプト" ondblclick="スクリプト" onmousedown="スクリプト" onmouseup="スクリプト" onmouseover="スクリプト" onmousemove="スクリプト" onmouseout="スクリプト" onkeypress="スクリプト" onkeydown="スクリプト" onkeyup="スクリプト" > ... </abbr>

開始タグと終了タグの間にはインライン要素を含めることができます。終了タグは省略できません。属性はすべて省略可能です。

DTD

HTMLタグ<abbr> の使用例と表示サンプルを次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

株価収益率を表す<abbr title="Price Earnings Ratio">PER</abbr>は、米国ではPE ratioと表記される。

株価収益率を表すPERは、米国ではPE ratioと表記される。

<ACRONYM>

<ACRONYM>タグは<ABBR>タグと同様に、単語の頭文字からなる略語であることを表します。 例えば、HTML (Hyper Text Markup Language) や WWW (World Wide Web) などです。

acronym要素はHTML5で廃止された。

書式

<ACRONYM [attribute=value ...] content-model </ACRONYM>

開始タグと終了タグの間にはインライン要素を含めることができます。終了タグは省略できません。属性はすべて省略可能です。

DTD

HTMLタグ <acronym> の使用例と表示サンプルを次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

株価収益率を表す<acronym title="Price Earnings Ratio">PER</acronym>は、米国ではPE ratioと表記される。

株価収益率を表すPERは、米国ではPE ratioと表記される。