HTML要素はドキュメント構造を表す要素です。HTML文書においてルート(最上位)要素となります。開始タグと終了タグで囲まれた範囲がHTML文書になります。

構文

HTML

HTMLでは、開始タグと終了タグは共に省略できる。タグ名は大文字と小文字を区別しない。

<HTML [attribute=value ...]> content-model </HTML>
<HTML [attribute=value ...]> content-model
content-model

XHTML

XHTMLでは、開始タグと終了タグは共に省略できない。タグ名は小文字である。

<html [attribute=value ...]> content-model </html>

内容モデル

内容モデル(開始タグと終了タグの間に存在する要素)はHEAD要素とBODY要素です。

属性

HTMLのバージョンにより、指定できる属性が異なります。HTMLのバージョンごとに指定できる属性の一覧を次の表に示します。

HTML要素の属性
Attribute HTML 4.01 Transitional HTML 4.01 Strict XHTML 1.0 Strict
lang Supported Supported Supported
dir Supported Supported Supported
id Not Supported Not Supported Supported
xmlns Not Supported Not Supported Supported
xmlns

XML名前空間のURIを指定する。XHTMLの名前空間は http://www.w3.org/1999/xhtml である。

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 HTML 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

使用例

HTML 要素の使用例を次に示します。

<html lang="ja">
 <head>
  <title>HTML sample</title>
 </head>
 <body>
  <p>HTML sample</p>
 </body>
</html>