<HEAD>

HTML文書のヘッダであることを表します。ヘッダではHTML文書の定義を行います。 <HEAD> と </HEAD> の間に記述できるタグには次のようなものがあります。

構文

HTML

<HEAD [attribute=value ...] content-model </HEAD>
<HEAD [attribute=value ...] content-model
content-model

XHTML

<head [attribute=value ...] content-model </head>

属性

div要素の属性
属性 HTML 4.01 Transitional HTML 4.01 Strict XHTML 1.0 Strict HTML5
profile Supported Supported Supported Supported
id Not supported Not supported Supported Not supported
lang Supported Supported Supported Supported
xml:lang Not supported Not supported Supported Not supported
dir Supported Supported Supported Supported

属性は全て省略可能です。

profile
URIを記述します。

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 HEAD 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

<TITLE>

HTML文書のタイトル(題)を指定します。<HEAD> と </HEAD> の間に記述します。

html要素やhead要素、body要素はHTML文書に必ず存在しますが、タグの記述は省略できます。HTML文書に必ず存在する要素のうち、タグを省略できない唯一の要素がtitle要素です。したがって、1番単純なHTML文書は次のようになります。

<title>Simple HTML</title>

これはHTML文書の一部を抜粋したものではなく、この1行だけでひとつの完全なHTML文書となります。

書式

<TITLE [attribute=value ...] content-model </TITLE>

開始タグ

title要素の開始タグは省略できません。

終了タグ

title要素の終了タグは省略できません。

内容モデル

title要素の内容モデルはタグ無しテキストです。他の要素を含めることはできません。

属性

属性は全て省略可能です。

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 TITLE 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

HTMLタグ <title> の使用例を示します。

<h1>HTMLヘッダに関するHTMLタグ</h1>

<STYLE>

<STYLE>はスタイルシートを記述するタグです。 <STYLE>と</STYLE>の間にスタイルシートを記述することにより、このHTML文書内でそのスタイルシートを利用することができます。 <STYLE>タグは<HEAD> と </HEAD> の間に記述します。

書式

<STYLE [attribute=value ...] content-model </STYLE>

開始タグと終了タグは省略できません。

属性

type 属性は必須です。他の属性は省略可能です。

type
MIMEタイプを指定します。<style> タグの type 属性の場合は大抵 "text/css" です。
media
参照先の文書がどんなメディアに適したものかを指定します。
意味
screenページ区切りのないコンピュータ画面
printページ区切りのある印刷出力、または印刷プレビュー画面
tty端末(コンソール)
tvテレビ画面のようにコンピュータ画面より解像度の低いカラーディスプレイ
projectionプロジェクター
handheld小画面でモノクロ・狭帯域の携帯デバイス
aural音声合成装置
allすべてのデバイス
title
タイトルを指定します。

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 STYLE 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

使用例

<html>
<head>
<title>CSS sample</title>
<style type="text/css">
<!--
body { color: #000000; background-color: #FFFFFF; font-size: 16px; }
-->
</style>
</head>

スタイルシートの定義が <!-- と --> で挟まれてコメントになっているのは、スタイルシートが使用できないブラウザではコメントとして扱われるようにしているためです。

<ISINDEX>

<isindex> は文字列を入力するフィールドと、そのプロンプト(入力フィールドの説明文)を表示する HTML タグです。

<ISINDEX>は HTML 4.01 Strict や XHTML 1.0 では廃止されました。

書式

<ISINDEX [attribute=value ...] content-model </ISINDEX>

開始タグ

開始タグは省略できません。

終了タグ

終了タグを省略できます。

内容モデル

ISINDEX 要素の内容モデルは空です。つまり、開始タグと終了タグの間には何の要素も現れません。開始タグに続いて終了タグが現れるだけです。

属性

属性はすべて省略可能です。

prompt
プロンプト・メッセージ

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 ISINDEX 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

使用例

ISINDEX 要素の使用例と表示サンプル次に示します。表示結果はブラウザによって異なることがあります。

<isindex prompt="文字列を入力してください">