<TT>

開始タグ <tt> と終了タグ </tt> で囲まれた文字列を等幅フォント (teletype) で表示します。インライン要素です。

tt要素はHTML5で廃止された。

書式

<TT [attribute=value ...] content-model </TT>

終了タグは省略できません。開始タグと終了タグの間には、0個以上のインライン要素を含めることができます。

属性

属性は全て省略可能です。

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 TT 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

<tt>Teletype fontstyle</tt>

Teletype fontstyle

<I>

開始タグ <i> と終了タグ </i> で囲まれた文字列を斜体(Italic)で表示します。インライン要素です。

書式

<I [attribute=value ...] content-model </I>

終了タグは省略できません。開始タグと終了タグの間には、0個以上のインライン要素を含めることができます。

属性

属性は全て省略可能です。

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 I 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

文字列を<i>斜体で</i>表示します。

文字列を斜体で表示します。

<B>

開始タグ <b> と終了タグ </b> に囲まれた文字列を太文字(Bold)で表示します。インライン要素です。

書式

<B [attribute=value ...] content-model </B>

終了タグは省略できません。開始タグと終了タグの間には、0個以上のインライン要素を含めることができます。

属性

属性は全て省略可能です。

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 B 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

文字列を<b>太文字で</b>表示します。

文字列を太文字で表示します。

<BIG>

開始タグ <big> と終了タグ </big> に囲まれた文字列を大きく表示します。インライン要素です。

big要素はHTML5で廃止された。

書式

<BIG [attribute=value ...] content-model </BIG>

終了タグは省略できません。開始タグと終了タグの間には、0個以上のインライン要素を含めることができます。

属性

属性は全て省略可能です。

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 BIG 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

文字列を<big>大きく</big>表示します。

文字列を大きく表示します。

<SMALL>

開始タグ <SMALL> と終了タグ </SMALL> に囲まれた文字列を小さく表示します。インライン要素です。

書式

<SMALL [attribute=value ...] content-model </SMALL>

終了タグは省略できません。開始タグと終了タグの間には、0個以上のインライン要素を含めることができます。

属性

属性は全て省略可能です。

DTD

HTML の各要素は DTD によって定義されています。 SMALL 要素が DTD でどのように定義されているかを見るには、次のリンクをクリックしてください。

HTMLタグ <small> の使用例と表示サンプルを次に示します。文字のサイズを大きくしないと判別できないほど微妙な違いです。

文字列を<small>小さく</small>表示します。

文字列を小さく表示します。